Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

private

ブログ移転のおしらせ

ブログを楽しみにしてくださる方が多いことを、
休止してからの各方面からいただく声で実感いたしました。

急な休止をお許しください。
こんなに長引く予定ではなかったのです^^;

拙い内容のブログを愛読してくださる皆さん、
本当に有難うございます。

すぐにリニューアルしようと思っていたのですが、
いろいろありすぎました(苦笑)

近況。
大学院は、
苦手な科目が佳境に入った頃、
仕事で欠席してしまい、それからが大変。
一日でも休むとついていけない内容で、案の定・・・

冬休みの間に猛勉強して追いつくぞ!と思いきや、
冬休みにはいる前に、

母が骨折!

いま、毎日、横浜の実家に行くという日課が加わり、
さらにしっちゃかめっちゃかで、
クリスマスとか師走とか、全く関係ありません(笑)



そんな中、気分も一新、イブの夜に、ブログ移転のお知らせです。

以下に移行いたしますので、

今後とも、息抜きにでも遊びにいらしてください。

お引越し先→※※※
  • 2011.12.24 Saturday
  • 23:10

friend

友の出産

親友が第二子を出産。

私にとって最高の理解者である彼女の
第一子に続き、二度目の出産という大事業は、
なんにも手伝えないのだけれど、感慨ひとしおなのです。

人生を全力で疾走してきた彼女。
その疾走ぶりが、たまげるほど、たくましい。
そばにいながら「え?そんな急な展開?!」と驚くことも多いけど
そのたびに正直に悩む姿も人間らしくて、
芯はどっしり信じる心で支えられ、
明るく強く乗り越えている人。
神の御心に適った答えを問いながら。

今度の赤ちゃんは、全力疾走タイプの彼女にとって、
また違う何かを教えてくれているそうです。
なにしろ、予定日からだいぶ待たされていましたから^^

待たされてきた予定日から今日までのあいだ、
私は彼女とふだんと変わらないフツーのメールをしあっていました。

私の誰にも言えない悩みをぶつけたりして、
送信する前に、ふと
(出産間近の彼女にこんなメールするなんて、私ったらどんな友達だよ!)
と思いながらも^^;いつ生まれるかわからない彼女から励まされたりして(笑)

あとで、ドラマSATC(SEX AND THE CITY)にも
似たようなシーンがあったな〜、なんて思い出したり。
(ミランダの出産のときのキャリーの状況や心境)

新しい命に、いつ会いに行こうかな。
いまから楽しみなのです。

おめでとう、真理ちゃん♪




  • 2011.12.10 Saturday
  • 22:34

private

手帳談義

ここ数年、あれこれ様々なスケジュール帳を試してきた私。

「ほぼ日手帳」に、「超手帳」、「熊谷手帳」に「常勝手帳」などなど・・
他に、「Googleカレンダー」を組み合わせたりもしていました。

今年は、なんといっても、大学院生活が始まり、
「講義の時間割」と「仕事の予定」の二本柱が中心となっているので、
手帳の使い方が少し変わりました。

春までは「常勝手帳」というものを使っていたのですが、
春以降、大学からもらった早稲田カラー(エンジ色)の手帳を使用。
時間割が書けるページがあるのと、バーティカルタイプなところがお気に入り。

でも、もっとシンプルで実用的で自分に合ったものが欲しい、
それは一体どんな手帳で、どんな使い方をすれば、
時間の達人になれるか?を、訊きに、銀座へ。。。

 


手帳やPCなどのツールの”達人”である、出身放送局の先輩に
いろいろ手帳術を伝授いただきました。

写真はそのときの様子。

で、結局、来年はどんな手帳にするか?



もう少し検討します^^;

 グッチ銀座のカフェにて。
  • 2011.12.09 Friday
  • 03:07

job

震災&デフレ不況の影響?(改訂)




(以下は最初に書いたものを書き直した内容)

大学院生活との両立が難しいと判断して、
前期はかなり減らしていた披露宴の司会仕事。

最近は、毎週のように幸せのお手伝いをさせていただいています。

ここ十年間、結婚事情にも変化があり、
世相を反映している、と実感することも。
都心の事情ばかり見ているので一概には言えませんが。

私を指名してくださるカップルに一定の傾向性があるかもしれないし、
私の中にある先入観のようなものがバイアスになっているかもしれませんので
あくまでも「印象だけ」で書くことを許してください。



何年か前は「30代半ば〜後半にかけての結婚」が多かったと思いますが、
今年は、「比較的若いカップルの結婚」の割合が増えた気がします。
ちなみにここ数ヶ月は20代半ば〜後半同士の結婚が圧倒的に多いです。
(ひところと比べて、若い、とあえて表現します)

この現象は何を物語っているかというと、「女性の結婚観」の変化。
そして、その背景に「デフレ不況」の影響を感じます。

最近、私は20代の女性と付き合いが多いのですが、
30歳になるまで結婚したい、という声が、なんと多いこと。
話していて勝手に推測しているだけですが、
将来へのそこはかとない不安を感じ、安定を企業に求めることは非現実的で、
早めに家庭という安定した拠点を得たいという気持ちを、見て取っています。
「失われた20年」のツケは、将来への希望をも失わせている、と。。。
ちなみに、女性が男性に結婚を迫るパターンが増えてきました^^;

さて、3.11直後は自粛ムードなどと言われましたが、
結婚市場では、震災直後から約一ヶ月でそんな自粛ムードは消えました。
早い人は約一年前から披露宴会場を決めているので、
決めたものを中止するという判断までする人はいません。

震災後の自粛ムードが影響しているなら、
ましてやデフレ不況なら、
披露宴も盛大には行なわないのでは?と思いきや、
企業にお勤めの方などは
お世話になっている方々にちゃんとお披露目したい、
という考えで、そこは震災前も後も変わらない印象です。

よく言われる震災の影響のもう一つの側面「家族の絆の再認識」については、
5~10年付き合った末に結婚を決めたカップルも、
ここ数ヶ月で何組かありましたので、やはり反映されているかもしれません。


いずれにしても、披露宴はみんなの祝福と二人の感謝が融け合う、
本当に素敵な素敵な時間です☆彡



  • 2011.12.05 Monday
  • 05:48

thought

伝える


 (或る礼拝施設の壁にいた天使)


あっという間に師走に突入。
東京は、遅めの紅葉で色づいた街路樹に冷たい雨があたり、
寒々とした空気の中で、地面に落ち葉がハラハラ。

私は、職業病のように、常に、
何かを伝えることの意味、本当に伝わる方法を、考えています。

伝えたい内容が、いくら正論でも、
一方的に力業(ちからわざ)でねじ伏せるように吠えたのでは、
伝わるどころか、カルト視され、引かれてしまいます。
これが私が常日頃から気をつけている、独善的態度です。

ちなみに私の仕事の一つでもある、司会や進行役というのは、
目立つように見えても、仕事の本質は「黒子」。
(目立ちたくてこの仕事をしたらおそらく総スカン空気を生み自滅する)

いちばん「大事」なもの&人&内容などを”上手に”見せてさしあげること、
又、それらとオーディエンスをつなぎ、
オーディエンスの反応を見ながら、
番組が目標とする着地点まで運ぶことが要請されます。

それには冷静客観の目が必要。
なかなか難しいので出来不出来は別として、意識が大事。
中でも面白いのは、進めながら、「捨てる」作業をすることです。
捨てる作業(判断)は、訓練すれば出来るようになりますが、
欲張って、用意したものを詰め込もうとすると、伝わりません。
そこを捨てながら、あくまでもオーディエンス目線に立とうとすること。

いま改めて気を引き締めてそれらを思い出しながら仕事していきたいと思っています。











  • 2011.12.03 Saturday
  • 23:20

job

突然の大役。いや、ほんっとに突然だったんです^^;


ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが・・

今日の今日まで、
今日の夕方まで、
いや、もう夜になっていたけれども・・・
とにかく本番数時間前まで・・・
まったく、予定にありませんでした・・・



気付いたら、今夜から
ネット番組「幸福実現TV」メインキャスターを務めることになっていました。

(写真は、11/24放送 ゲストの方々と黒川政調会長とスタジオにて)



で、さっそく成り行きで担当することになった今夜の生放送を終えて、
帰ってきたところです。





幸福実現TVは、
幸福実現党の小島一郎さん(幹事長代理)がこれまで司会を務め、
ゲストとのお話の中で、党の政策やこれからの日本にとって大事な話を
伝えてきました。

小島一郎さんのあの爽やかで軽やかで誠実な進行を
毎回楽しみにご覧になっていた方も多いことでしょう。

私も、彼が立党当初から
宗教政党であることへの一部有権者からの疑問を
しっかり受けとめ回答しようとする姿勢が、大好きです。

きっと戻ってこられるまで、微力ながら、つながせていただきます(笑)




実は、もともと、来月から月一回だけ、
それも司会というより、アシスタント的立場のつもりでお受けしていました。
そんな軽い気持ちで、
きょう、ふらっと、打ち合わせに顔だけ出したつもりが・・・

番組制作会議が白熱していて、
なぜか、「月一回アシスタント」が「メインキャスター(当然毎回)」という
ことになってしまい・・・



わからないことだらけで、
今日もそんな成り行きでしたので、
ろくに構成も頭に入らぬまま、文字通り、ぶっつけ本番。

でも、やっぱり楽しかったです。

ネット番組はあまり経験ありませんが、
視聴者がコメントをリアルタイムに書き込みできて、
議論を活発化させる要因になる、というのはいい特性だと思います。

何よりも、やっぱり生放送が好き。^^




これからは、
幸福実現党の内部の人間ではない私が、
ニュートラルな立場で、
司会プロとして進めることで、
この番組の主旨と目的が遂行できるようにするのが
私の役割だと思っています。

どうか、機会ありましたら、ご覧になってください。

毎週(木)21:00~22:00生放送

幸福実現TV※※※





でも、あまりに急な展開に、いまだ現実味がなく・・・^^;


来週もスタジオに行く、ということが、まだ全然実感できていません(爆)



前回までとっても清らかなアシスタントをされていた藤川みほさん(左)と
この増えたシワや疲れた肌をヘアメイクで変身させてくれるチカちゃん(真ん中)と。。。

  • 2011.11.25 Friday
  • 02:16

enjoyed

立川談志さん

私が立川談志さんを最後に見たのは、おととしの秋。

友人に誘われて行った一門会。
その頃はほとんど活動休止していたので、誰も期待はしていなかったのですが、
談志さんは本当にその会を大事に思っていたそうで、
突然現れた談志の姿に、観客から感激の拍手が送られました。

医者の制止を振り切り、文字通り、病院から抜けだして登壇。

でもちゃんと高座で座っていられないので
しまいには、寝っ転がって(笑)
ネタを書き留めたメモを手にしながら、
辛辣、爆笑の時事ネタを披露していた姿。。。

ご冥福をお祈りいたします。



  • 2011.11.24 Thursday
  • 13:35