Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

wisdom

一万円札の肖像画、誰がいい?

日本経済新聞が17日から始めた連載「日本経済の選択」。
編集委員が書いているようです。
第一回は「30兆円の総合対策を」というタイトルでした。

一方、月刊「ザ・リバティ」4月号には、
驚きの金融政策案が提示されています。
メガバンクが30兆円の銀行紙幣を発行すれば、景気は一年で回復できる!」と。
こんな大胆な提案、他にどこも、誰も口にしていません。

リバティによると、

みずほ、三菱東京UFJ、三井住友銀行が、
それぞれ「独自の一万円札」を10兆円ずつ発行し(計30兆円)
「企業への融資」に使えば、
民間企業の資金繰りを助けることになり、経済は活性化。
無制限に発行を認めるわけではなく、
30兆円という枠の中なのでインフレの心配もなし。
日本のメガバンクは優秀で信用もある。
一万円札を一枚刷るコストは20円足らず。
たとえ信用されず誰も使わなかったとしても損失は小さい。
税金を一円も使わずに済む。
政府、日銀が思い切った量的緩和をしない以上、
まずはゼロ金利を復活させ、銀行紙幣の発行を認めるという景気刺激策を!etc.

(その他、詳細はリバティ→※※※を是非読んで下さい。なるほど!と思います)

紙幣は、日本銀行が発行するもの、と思い込んでいた私。
この政策案にはビックリしました。
(宗教家である幸福の科学・大川隆法総裁の提案だけに)

それにしても、日経の記事も「30兆円」という数字を出していた。。
どこから「30兆円」が出てくるのだろう?

今日は「天使のモーニングコール3月最終週」の収録で
ゲストの経済学者・鈴木真実哉さんに、そこんとこも、きいちゃった。

なるほど、なるほど!!
・・放送をきいてくださいね(^^)←3月28日(土)&29日(日)
え〜少し先ですが、つまり来週の週末です。

で、今週のテーマは「死後の生命」です。
春のお彼岸ですから(^^)

「天使のモーニングコール」HP→※※※

追伸:スタッフ・ブログがしばらく更新されてないよ〜><;
   ご安心下さい。オバラさんは生きています。元気です。
   お仕事の腕、めきめき上げています。相変わらず、まつげも長いです^^

追伸その2:銀行紙幣、誰の肖像画がいいかな?(^^)
                 私、勝手に、一万円札肖像画ランキング〜♪を考えてみました〜
1位:松下幸之助
2位:豊田佐吉
3位:松永安左上衛門(日本の電力王と呼ばれた人で、すっごい厳しい顔なの!
           見てみたい人は、こちらへ→※※※
           夫が描いてるんですけどね^^;)

  • 2009.03.18 Wednesday
  • 23:25

1