Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

thought

突然の政権放棄

 去年の安倍さんの辞任と二重写しにも見える、突然の政権放棄。

一人の首相の任期が、2年と持たない。
それだけ、日本という国が大きくなっている証拠とも言えそうです。

9月の臨時国会を前にして、
自分が総理だと、思うように国会が進められない、との判断からであること.
 &
思うように進められない最大の原因となっているのが、民主党・小沢さん、
小沢さんは国政を麻痺させる戦略...

この2つの共通点が、安倍さん辞任と福田さん辞任を、二重写しに見せます。

但し、去年の安倍さんの辞任とは違う点は、
今回、福田さんの悩みの種が、小沢さんだけじゃなかった、ということ。。。
公明党です。
洞爺湖サミットで、各国に約束した「インド洋上の給油を続けること」に対して、
「平和!」と叫ぶ公明に反対された、なども背景にあるようです。

それから、さらに違う点は、
安倍さんには確固とした信念で描いている国政ビジョンがあった、ということ。

福田さんは、ワンポイントレリーフ的存在だったのかもしれません。
小沢さんと対話して「大連立」を狙う際の。
だが、失敗。(ほんと不気味だ、小沢さん)

☆  ☆  ☆

国際平和。誰もが願う理想です。
でも、平和実現のためには、智恵をもって世界を見渡すことが必要です。
我々が、ただ「平和を」と言い続けていたら、平和になるのか。

8月8日、世界の祭典、北京オリンピック開催日に、
ロシア・グルジア問題が勃発しました。
それだけ、世界情勢は、生易しい問題ではないことが伺えます。
7月にすでにロシアは挑発を開始していたし、
五輪へは大統領ではなくプーチン首相を送り、大統領は国に残っていた。
これは異例。

「世界平和」も「民主主義」も、
実現させるには、相当の智恵の力が必要です。
だいたい、民主主義のほうから先に国民にあおられて、一見、国民ウケする
ばらまき減税などがおこなわれてしまいますが、そんなんでいいのでしょうか。

福田さんは、「どうしてもやりたくなかった低額減税」に、公明に押され
やらざるを得なかった。。。

自民党らしい、自民党本来の動きがとれなくなってきている・・・

不気味な小沢の影。国会内で公明に握られた手綱。


総裁選は、小池百合子さんとか野田聖子さんなどの女性候補の声も出ていますが、
いろいろな人が出て、思い切り、派手に繰り広げればいいのです。

そして、国民の見えるところで、議論を戦わせてほしいものです。

これを機に、フリーズ状態から脱却してください、我が国よ。






  • 2008.09.03 Wednesday
  • 08:02

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 08:02
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback