Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

book

国を愛する心

 麻生新内閣、今夜発足。

前夜のきのう、私はひとり静かに、日本ではなく、
中国という国を小説で眺めていました。

芥川賞受賞作「時が滲む朝」です。

中国の民主化運動に加わった青年の挫折と成長を描いた物語。
中国人作家として初めて、芥川賞受賞となる楊逸(ヤン・イー)著。

文章力や内容の踏み込み方の点、
芥川賞に値するかどうかの賛否両論はあるようですが、
私には「一人の等身大の中国の人」の姿を見せてもらっているように感じました。

共産主義国の中で、純粋に、国のために役立つ人になりたいという願いで
名門大学へ進み、「広い世界」「民主主義(アメリカ)」「愛国」と向き合い、
民主化運動に参加、「天安門事件」を経験する青年。
理想、挫折、失恋、信念、成長、、、さまざまな心境が織りなし、
現実という名の寒い壁にぶち当たる度、主人公と同じように私も肩を落とすのでした。

そう、「純粋」。
この本から何かを吸いとったとすれば、「純粋」だと思います。

私の「願い」も、「純粋」でありつづけますように。
泥中に咲く蓮の華のように。。。







  • 2008.09.24 Wednesday
  • 20:40

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 20:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback