Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

enjoyed

TENON LIVE♪

 

久々のライブハウスでした♪
ぎりぎり状態のノドのためにマスクをつけたままの怪しい姿で^^;

以前は、週4日は、こういう所に仕事(取材)で来ていたので、
いまでも、私、実は難聴です><;

マーラーで精妙さを保っていた?私が、今夜はロック♪で、頭振り乱し。。

高田馬場 CLUB PHASEでおこなわれた"TENON LIVE" volume1 。
水澤有一さんが主催する生まれたばかりのレーベル、TENON。
「天の音」を求めて、ここから様々なジャンルのアーティストを輩出しよう、
という主旨でスタート。このライブをもってデビューです。

☆  ☆  ☆
写真は、第二部の様子。

中央のカッコいい人、生沢佑一さん。
「世界中の誰よりきっと」は、多くの方がご存じですよね〜
英語バージョンで歌ってくれたんですよ〜

すごい歌唱力と迫力!

「ちょっとあなた、声帯見せてご覧なさい」と言いたくなるほど(笑)
さすがに厚みがあって、スケールが大きくて、惹きつけられるヴォーカルでした。

世代的には律子さんのツボに超ハマる曲ばかりっ。
特に、ジャーニーの「Open Arms」
フレディ・マーキュリー(Queen)「I was born to love you」
(私の洋楽初めは、何を隠そう、Queen でした♪)
フレディ本人よりうまいんじゃないのか?! ぐらい、スゴイのです。

☆  ☆  ☆
ライブは二部構成。
前後しましたが、一部では、若いアーティスト達が4人、代わるがわる
自分の曲をパフォームするオムニバススタイルでした。

 ayanoちゃん  ういちゃん
どちらも応援しています。(写真はないけど)miznaさん、minoriさんも。
詳細は、霧コンテンツHPで。。

☆  ☆  ☆

一部の若手ライブのあと、二部のおっさん(失礼)いぶし銀ライブ♪だったのです。

すべてをプロデュースしている水澤有一さんは、こちら


「天使のモーニングコール」で流れる、あの天国のような音楽を作っている方が
今夜はロケンローラ〜だよー! 変幻自在?



ラストは全員揃って Play that funky music♪ でした

パワーいっぱいいただきました。
本当に、楽しくって、テンションあがりまくりでした〜

耳鳴り、まだ残ってるけどね^^;

素敵な週末を!






  • 2008.11.22 Saturday
  • 00:39

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 00:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback