Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

news

インドからの便り

ムンバイで起きた同時テロ。
死者は150人以上にのぼるといいます。
亡くなった方のご冥福を心よりお祈りいたします。

お世話になった方が、ついこの間からインドに赴任となり、
聖なる使命を持って向かわれ、ご活躍の報をいただいたばかりでしたので
心配しておりましたところ、「無事」の報告が入りました。

その方によりますと、
テロ発生時はムンバイに滞在していたので、
外務省の安否確認対象の一人となっていたようですが、
幸いホテルが中心から離れたところにあったため、
巻き込まれることはなかったそうです。

標的のひとつとなったタージ・ホテルは、100年の歴史を誇る老舗。
まだインドが英国の植民地だった頃、英国人と同じホテルへの宿泊を断られたことに
憤慨したインド人企業家が、一念発起して建てたのがこのタージで、
インド人が建てた初の五つ星のホテルとして知 られ、
インド人、とくにムンバイの人々にとっては「誇りの象徴」だそうです。

その方が直接きいた限りでは、
ほとんどのインド人が、パキスタン政府のテロへの関与を当初から確信。
真偽は定かではないけれど、
両国の間に埋めがたい深い溝が横たわっていることを痛感させられた、とのこと。

この方は、以前、お医者様でした。
現在は、別のかたちで、世界の人々を救済する、という使命に燃えています。
いまこそ、彼の役割が、使命が、発揮されるべき時。。。
セミナーを開いて、人々にいま必要なお話をしていらっしゃいます。

実は、私、来年は、この方を頼って「インドで公開録音」をやりたいな、と
思っていました。
10月の渋谷での公開録音のときも、
この方が協力してくださって実現していたので、「次はインドですね〜」と
話していたのです。

2500年ほど前に、仏陀が生まれ、法を説いた場所。
現在、経済的に大発展し、子供達には数学と英語を重点的に勉強させることで
未来への投資も着々と進んでいるインド。
テロにより、国全体のショックは計り知れませんし、世界への影響も大きい。

ぶつかる価値観、宗教観の対立を超え、統合する考え方を
いまこそ学ぶ時だな、と強く思います。

  • 2008.11.29 Saturday
  • 23:43

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 23:43
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback