Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

book

「悼む人」天童荒太

評価:
天童 荒太
文藝春秋
¥ 1,700
(2008-11-27)

「永遠の仔」から、実にほぼ十年。直木賞受賞作、天童荒太「悼む人」。
実は、装丁の写真に惹かれました(^^)
そう、舟越桂さんの彫刻作品。
撮影者は、なんと、天童さん本人だったんですね。
執筆中、舟越さんのアトリエを訪れる機会に恵まれ、
この作品が外国へ行ってしまうのでもう会えない、と聞き、撮影したとか。

「主人公の「悼む人」の精神的な象徴があらわれているようで、
このときの写真を机に置いて、執筆を続けていた」
ということが、あとがきに書いてありました。

なるほど、今回の「ジャケ買い」も、内容を象徴したビジュアルに惹かれたなら
私の勘?も、まんざらではない、なんて勝手に納得^^;

「悼む人」は、新聞や雑誌の報道などで死者が出た場所を知り、そこを訪ね、
「生前、誰に愛され、誰を愛し、どんなことで人に感謝されたか」を知ることで、
それらを通して故人を胸に刻む=悼む、ということを続ける旅をしています。

ご冥福を祈る、なんてことはおこがましく、宗教行為でもない、
ただ自分は、その人が誰かを愛し愛され感謝されたことを通して「悼む」だけ、
という主人公の言動は、常人には気味悪がられて理解されません。
時には、遺族の気持ちを逆撫ですることになったりもするのですが、
彼がなぜ、悼む人になったのか、その経緯を読み進めるとともに、
死を通して生を慈しんでいる彼の人間としての上品さや繊細さ、
思慮深さやせつなさに共感していきました。

(でも、やはり亡くなった人より生きている人のいまを大事に考えた方が
救われるよなあ)と、どこかで苦笑しながらも、描写の緻密さや
作者の優しさに魅力を感じて、最後は、爽やかにほろっと来ました。

純粋な信仰を持つ人間からすれば、「悼む人」の行為は、
「愛」を通して死者の生を振り返っている点で、
充分に宗教行為、いや、そこまでいかなくても「供養」だな、と思うでしょう。
神や仏を持ち出さずに、一人の人間が様々な人々の死を通して生と向き合い、
迷い、死にひきずられそうになり、また悼み続け、ある女性と出会い、
最後は、、、、と彼を追っていく一日は(読むのに一日かかったという意味)
いろいろ考えさせられることもありました。
そう、信仰者が時に陥る傲慢さ、みたいなものも自分の中に見た気がする・・・

息子が他人の死を悼む旅に出ている間、
母親は、末期ガンで死を迎えんとしています。
その横で、娘(悼む人の妹)は、新たな命を産まんとしています。
このあたりの描写も、打たれました。

時間があれば、ぜひ(^^)

ちなみに、今年に入って、読書に関して言えば、十数冊 読みましたが、
小説は「告白」以来、まだ二冊です。次は、「利休にたずねよ」かな〜。

映画にも、コンサートにも、展覧会にも、行っています。
いずれ、このブログにも、追々。。。。(ほんとかよ^^;)

  • 2009.02.24 Tuesday
  • 00:21

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 00:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
天童荒太、私も彼の本は好きで読んでいます。
生きてる側の人間としてできること
たくさんあるなーってあらためて
彼の作品からも感じます。
なんでも「じゅんぐりなんだよ」って感じも好き(*^。^*)
ところで私は昨日岩盤浴に初めて行って
大汗かいてきました。
冷え切った肉体に浸みましたぁ(^o^)/
一回じゃダメね、あと何回か行きますわ。
ritsukoさんは、読書して映画コンサートに行って、
仕事して家事して、
おまけに走りながら考えるって??
公園何時集合かしら?(^_^;)
長女が毎日4時半起床で私が5時半ですから
まあ6時までには着けるかな。
あ、ダメ、次女起こすんだった。
くれぐれも足、気をつけて下さいね。
親指の裏の筋肉を意識して走ってぇ〜(@^^)/~~~
  • iku
  • 2009/02/24 11:18 AM
iku様
本をよく読んでいらっしゃる方に見せるには恥ずかしいレビューですが、「じゅんぐり」なんて素敵なコメント下さりありがとうございます。
家事は相変わらず料理が苦手で、掃除洗濯だけって感じです^^;
それから、今日は昼過ぎに起きちゃった〜^^; 公園はまだあるかな?

  • ritsuko
  • 2009/02/27 10:11 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback