Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

book

「向坂留美子のサロネーゼ入門」ついに発刊♪

私は、そのサロンから帰ると、
先生に教わって創り上げた素敵なフラワーアレンジと、
暮らしをもっと豊かに演出しよう♪という気持ちも、持ち帰ります(^^)

サロンに充満していたヨーロッパ仕込みの素敵なセンス、
決して奇をてらわない「日常の中の非日常」、
窓外に広がる都心の景色にもしばし酔いしれ、
何よりも、ますます留美子先生に親しみと憧れを抱き、帰ってきます♪


当ブログで何度もご紹介している、フラワーアレンジのサロン、
そして、サロネーゼ(って言うんですって^^)の向坂留美子せんせ。
ついに!初のご著書が発刊されました

「向坂留美子のサロネーゼ入門〜自分を生かすおしゃれな生き方」静山社


結婚し家庭を守ることに力を注いでいるうちに、
社会との接点の希薄さに不安になったり、自己実現をあきらめた感覚に襲われたり、
そんな女性もいらっしゃると思います。

得意なこと、好きなこと、極めていること、ありませんか?
そんな「得意」や「好き」を生かして、自宅でお教室を開催する・・・
・・・素敵ですよね。でも、簡単ではありません。


本には、そんな夢を、リアルに見通せる、
留美子先輩からのヒントや心構えが綴られ、
実際にサロンを始めたきっかけから、ご苦労されたこと、
何を大事にされ、何に気を付けているか、などなど
とても正直に語られていました。

サロンをスタートさせる「タイミング」や、「資格」の必要性、
成功させる「三大要素」や、気になる「収支」のこと、
サロンとカルチャースクールとの違い、
集客の背景にあるブログホームページのこと、などなど、
実際にサロン開催を夢みている方には、実にわかりやすい内容だと思います。


読みながら、私もサロンやっちゃう〜?なんて思っちゃいました。
私は時々リクエストを受けて自宅でアナウンスやナレーションのレッスンを
していますが、それは、サロンの定義には、どうもはまりません^^;
おしゃれな暮らしを演出する得意技は何もなし^^;
ん、でも、たとえば、主婦の方を集めて、
時事ネタを暮らしに取り入れて賢くなるサロン、みたいなんでもいいかな〜
とか、いろいろ想像しちゃったわけです。
う、やっぱ、堅い(笑)全然おしゃれじゃない^^; ジャンルが問題外じゃん。
まあ、それぐらい、読んでいて夢を見させてくれるアプローチだったわけです。

読んでいて、特に印象に残ったのが、留美子先生がサロンを続ける上で
ご自分の「ある性格」に救われている、と書かれているところ。
ああ、やっぱりな、包容力や寛容性がちがうもんな〜、と思いました。

それから、愛犬を亡くされたエピソードを披露されているところは、
私もその可愛い姿やその時のことを思い出して、こみあげてしまいました。

そして、
早くに亡くなられた哲学者のお父様の言葉を紹介されているところ。。。

やはりお父様から受け継がれた才能(=しっかりとお考えを著す力)は
かくせないものなのだな〜。


4年前、私の番組にご出演いただいて以来、
留美子先生になんとも言えないご縁を勝手に感じて、
又、そのお人柄と素晴らしいセンスにとても惹かれて、
時々レッスンに参加させていただいています。
又、何かの折に交わすメールなどで、驚くような共通点を発見し、
架空の姉妹」を気取らせていただくこともしばしば(笑)。
こんなアタシを相手にしていただいて恐縮もしてるんですけど^^;

お姉様、いや、留美子せんせ、ついに出ましたね。
いまごろ大反響が届き、対応に大わらわ なのではないでしょうか。
(って、メールで言えってか^^;)


海外での生活を経験し、心を開いてたくさんの文化を吸収してきた女性は、
日本のよさ、世界の文化との違い、などもしっかり認識されているので、
創り出すものの中身は、単に西洋かぶれみたいな人とは全く違います。

この本に掲載されている数々の写真から、きっとそんなことも感じ取れるかと(^^)


  • 2010.04.15 Thursday
  • 22:55

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 22:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
あれからもう4年も経ったんですね・・感慨深いです。。
私、結構直感が働く人間で・・なんていうのかしら・・妹律子?の真っ直ぐなエネルギーの裏に何か深いものが秘められている・・それが第一印象・・当たってたでしょ?(^_^;)
今、いろいろな方が感想を下さるのだけど、人それぞれ、印象に残った言葉が違ったり・・でも父の最後の言葉は皆さん、印象深いようで。。。。実はあれ、最後の最後に入れた言葉なんです。
愛犬の章も・・これ以上長くしたくないっていう編集者たちに頼んで入れてもらいました。でもあれを読んですぐOKだったので、編集者たちも納得だったのでしょう。最後の方の3章くらいと、書き直した後書きです。入れて良かった。。本当に。

そうそう、話変わりますが、我が愛犬も花粉症というか鼻炎でした・・かなりのアレルギー体質で、私そっくりだったの・・・(^_^;) またメールにて!
rumiko様
週末のイベントも控えていらっしゃる中でコメントくださって、あ〜お身体こわさないでくださいね。。。横浜もお疲れ様でございました。
そうそう、ご著書は、新しいビジネス書って感じでもありますよね。
どこかの書店ではビジネス書のコーナーに陳列されているそうですが、うなずけます。
お父様のお言葉と、あのエピソードを書かれた背景は、そうだったのですね・・・。ご本に、留美子先生のバックボーンをちらりと観ることのできる箇所でもありました。

私の第一印象って、それ、かいかぶりすぎです(笑)
でも、しみるな〜(うれし涙)

横で、犬がまた連続くしゃみしています^^

  • ritsuko
  • 2010/04/18 2:54 AM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback