Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

thought

経済まわそう!

茨城のほうれん草や、大洗で獲れた魚、
福島の農家で作られた野菜、牛乳、などなど、

一斉に出荷停止 などにせず、
買う人の自由裁量に任せればいいのに・・・と思うのは私だけでしょうか。

私、買います!食べますよ。
年も年だし^^;お水も、水道水でかまいません。
毎月頼んでいる深層水も、赤ちゃんのいる友人宅にひと箱さしあげました。
その友人は、一歳の子どもがいる身で、
お店で山のように売れ残った「福島産のシイタケ」を堂々と買った!という
頼もしい女性です。

先日聴いていたラジオでは、リスナーの妊婦さんからのメッセージで
「だいたい、いままでだってさんざん、発がん性物質とか添加物とか
 身体に影響のあるもの食べてるんだから、いまさら危険とかって騒いで
 どうするのよ!あたしゃ放射能の恐怖になんか負けない元気な赤ちゃん産むよ!」
というのが読まれ、一気に気持ちが上がりました。



週末、披露宴司会の仕事でした。
液状化現象で休園になっている、あのレジャー施設オフィシャルホテルにて。
実は、あのエリアで現在営業している唯一のホテルです。
自家発電機などで対応しているのでしょう、頑張って営業を続けています。
入浴できない浦安市の住民の方々に館内のお風呂を提供したりもしています。
いつもより照明は暗いけれど、働く人達の笑顔はいつも通り。

来賓の一人である某企業OBの方が、感心していらっしゃいました。
「こういうときこそ、元気なところは元気に営業し、
 日本経済をひっぱっていくぐらいの意気込みで頑張っているのが大事」と。

披露宴をおこなったお二人は、
地震後、披露宴を決行するかどうか悩まれたそうです。舞浜在住。
いまでもご自宅の上下水道の復旧は完全ではありません。
それでも、やはりここはあえて開催することにされました。
経営者でもある新郎は会社関係のお世話になっている方々へのお披露目でもあり、
あえて書きますが「盛大に」おこなわれました。
そして、ゲストの祝辞も余興も、
みな地震で被災された方々への気持ちを吐露され、
その上で、やはり私たちが元気を出して活動していくことが
日本の再建にとっても重要だ、とおっしゃっていました。

私自身も、「結婚」という未来を創るお祝い事は、
参列される皆さんにとっても、
震災という大変な出来事を共有するこの時期に、
人生の大切な営みを噛みしめることができる
貴重なひとときとなったのではないか、と思っています。


自粛ムードで中止になるコンサートやイベント、
もう、是非やってほしい。

そこで想いをひとつにして、
義援金募るなり、
被災地のために祈りを捧げる時間をとるなりすればいい。

元気な人は元気に活動するべきだ。
頑張れる人には頑張ってもらいたい。

このまま、「不謹慎」と指摘されることを気にしすぎて
経済が止まってしまったら、それこそ日本、危ないです。

街に活気を取り戻そう。
消費できるひとは消費しようじゃありませんか。

エ〜シー♪のコマーシャルも見飽きたよ。
サッカー選手やSMAPなどの応援メッセージはとてもいいと思うけど、
企業の自粛の埋め合わせに放映するなら、もういい。
そう思います。


みんなの心が、恐怖心や不安から解放され、
未来を創る心の力に目覚めますように・・・










  • 2011.03.30 Wednesday
  • 01:29

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 01:29
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
今回の震災は、確かに未曽有の大災害です。私も短期間でしたが取材で被災地に入り、筆舌に尽くしがたい光景を幾つも目にしました。2011年3月11日は、間違いなくこの国の現代史に記録される日となりました。
個々人の生活の再建、壊滅した幾つもの街の再建、そして何より被災された方々の心の再建には、長い長い時間が必要でしょう。被災者と心を重ね合わせていきたいと強く感じます。

しかし一方で、「自粛」を通り越し「委縮」を強要する無言の圧力が日本社会を覆っている、この耐え難い息苦しさに私も強い違和感を覚えています。
 「今、私たちにできること」「日本は強い国」などとモノトーンの画面で繰り返すテレビCMは、「贅沢は敵だ」「欲しがりません勝つまでは」の戦時下のスローガンと、いかほど違うというのでしょうか。

「無用の用」のご指摘、まさに同感です。「それは今、必要なものですか」などと訳知り顔で呼びかけるCMにはもう辟易。不要不急な買い物こそが日本経済を下支えしているのに、それを止めよとは。
 イベントを取り止めれば被災者は喜ぶのか。時代錯誤の都知事の言うように花見を中止すれば被災地は復興するのか。「不謹慎」という名の全体主義、愚にもつかないお門違いです。自粛自粛の嵐の中で日本全体が失速していくことは、廻り回って被災地の立ち上がりにも水を差すように思えてなりません(自分たちの地域が計画停電に見舞われているから、それを日本全体の重大事であるかのように錯覚する首都圏メディアの傲慢さも相変わらずですが)。
 震災の復興は長丁場。必要なのは決して忘れない、見捨てないというメッセージを被災地に息長く届けていくことであり、国中が無意味に背中を丸めることではないはずです。
 
 もう一つ、「非常時だから結束すべき」との一見尤もな声にかき消され、国会でもメディアでも、菅政権の無為無策への検証が後回しになっていることも大いに気がかりです。
原発視察の問題一つとっても、信じ難い鈍感さと無計画さの菅首相を延命させることはこの国の最大の不幸です。震災・原発対策に目途がつき次第、解散総選挙を行なうべきだと思います。長文失礼しました。
 
  • 萬尋
  • 2011/03/30 5:08 PM
こんにちは。

最近は、被災者の方々から逆に応援メッセージをいただきつつありますよね(^^)。

今回の災害では被災地以外でも多くの方々が大きな衝撃を受け、傷ついたと思います。

ゆっくりではありますが、そろそろ強く立ち上がる時期に入ってきたのでしょうね。

いまだ大変な状況にある方々を忘れず、なお積極的な方向に心を向けて行きたいです。

早く仮設住宅その他、被災者の方々の生活が少しでも安定しますように。

原発で働く方々が無事でありますように。

祈り続けています。

それに加えて今こそ力強く積極的な考えを持ち勇気を持って行動すべき時
なのでしょう。

明るい未来を開くために。

私も出来る事からしていきます。



  • 花はな
  • 2011/03/30 10:34 PM
「ハピネスながさき」のパーソナリティーtomikuteruです。白倉さんの透明感のあるお声にいつも安らいでいます。Tokmaさんの番組でのコメントもたいへん参考になりました。本日の経済回そう!私も同感です!!Twitterでブログ紹介させていただきました。
  • tomikuteru
  • 2011/03/31 12:21 PM
萬尋さま
やはり取材に行かれていたのですね。
現実をたくさん目にされたのですね・・。
どうせ放映するなら、ACのメッセージには「元気な人は元気に活動しよう」「経済をとめないように被災地復興のためにも日本の底力をどんどん底上げしよう」みたいな内容を加えていただきたいかな。それもうざいか^^;
宗教的視点でみると、ああしたメッセージに込められた倫理観は、根本に宗教的価値観がなければ薄っぺらになってしまう、という見方も私は持っています^^;
首相については、、、いま書き出したら私もキリがなくなるので、また(笑)
全く同意見です。とだけ。。^^;
  • ritsuko
  • 2011/04/02 4:40 AM
花はな様
私も花はなさんと想いは全く同じです^^
今日も祈りを捧げながら、自分のできることを。。
一緒に未来を創っていきましょう。♪
  • ritsuko
  • 2011/04/02 4:42 AM
tomikuteru様
稚拙な文章でお恥ずかしい限りですが、ご紹介くださりありがとうございます^^
ハピネスながさき、心から応援しています!
いつかお会いしたいです♪
充実の放送、続けて下さい★
  • ritsuko
  • 2011/04/02 4:45 AM
Send Comment