Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

発見

私はそれを何度も見ている

 

横浜の実家のそば。最寄りの駅へ向かう道。
畑の広がるむこうに大好きな富士山を眺めながら歩いたものです。
写真だと見えませんが、中央左寄りに富士山が見えるんです。

ここで、いつの日からか、
富士山のそばを飛ぶ「UFO」を、よく目撃するようになりました。
実は子どもの頃から、何度も見ています。
ただし、ここ何年かは久しく見ていません。

信じられない人もいると思いますが、
あれは地球の人間が創った代物ではありません。
見ればわかります。
飛び方が飛行機などとは全く違います。

日本は、その「存在の是非」で議論が止まってしまっていて、
こうした事柄については世界の先進国の中で最も遅れています。
単なる「都市伝説」のような扱いで終わってしまい、
本当なら軍事や国防問題に及ぶ事項なのに、後進国です。

さて、そんなUFO、いま目の前に飛んでいるのが
本物のUFOなのかそうではないのか、
私は、何の根拠もないのに、直感でわかるようになっています。

最後に見たと記憶しているUFOは、
私の意識をしっかり捕まえてテレパシーのようなものを送ってきました。

その日は気持ちのいい朝でした。
駅まで急ぎ足で歩く私のうしろにも、
私と同じような早いテンポで歩く人がいたのも覚えています。
けれど、UFOに意識を捉えられてしまった私は、
うしろを歩く人に、
「見て。見えるでしょ?UFOですよ」と叫びたくても、声が出ませんでした。
というか、視線をその飛行物体以外のものに向けられず、
金縛りのようにがっちり固定されている感覚でした。

そしてあろうことか、私の視線を自らの物体に捉えて離さないそのUFOは、
前後に左右に上下にと、自由自在に飛んでは、突然消えたりして
まるで私をからかっているようなパフォーマンスをして、
やがて消えていきました。

私がこれまでよく目撃したUFOは、
ほとんどが、横に細長く白っぽい光沢のあるタイプです。

先日、実家に行った帰りに、夕陽に映し出された富士山を写メしようと
ご覧のアングルで撮りました。
左に、が写りました。。。。
その時は、気がつかなかったのですが・・・。
写真になってしまうと、直感が働きません・・・
ホンモノ?
飛行機?
鳥?
う〜ん・・・^^;





  • 2011.04.08 Friday
  • 22:37

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 22:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
Trackback