Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大学院

はじめるにあたりみつめなおしてみた

先週末おこなわれた大学院ガイダンスの冒頭で、
政治学研究科の先生がおっしゃった言葉を胸にしっかり受けとめて、
私の新たな生活が、リアルに始まりました。

その言葉
1.「なぜ自分は政治学を学ぶのか」を常に考える
2.「夢や理想」を持つことは、「自分自身を護る」ことにつながる
3.「プロの学生」になれ。
 プロの学生の条件とは、
 ・前のめりに進む。振り返るヒマがあるなら前進を。打たれて、なんぼ。
 ・厳しいほうを選ぶ。厳しい道を敬遠しない。
 ・常に常に、「研究」のことを考える。以上


「夢や理想を持つことが、自分自身を護ることにつながる」
この言葉に、思わず、うなずいていた私。
目標がしっかりあることで、道筋をつけることができ、
迷いを断ちやすく、困難な壁にも立ち向かう気概が出てきます。

ここ数日、真剣に自分の使命の中身をみつめなおしていました。

いまから2年半ほど前、リーマンショックがあったあの頃、
私は自分の残りの人生を賭けて取り組むテーマを確信していました。
使命の発見です。
それはいま担当している番組とは決してかけ離れているものではなく
むしろ密接に関係しているもの。
放送基準の根拠の弱さや、公職選挙法の理不尽な面など、
この仕事を通して直面してきた問題の中に、
マスコミ改革のための具体例がたくさんあります。

折しも、リーマンショック以降、
アメリカのマスメディアは経営危機に陥り、
余波は日本のマスコミにも。

それ以前から質の低下が著しい報道をなんとかしたい、という強い想いは、
そのあとどんどん強まっていきました。

ちっぽけな自己実現のために大学院に行くわけではありません。
あの秋つかんだ使命に向かうために、
まずは第一歩として早稲田での研究が必要、と判断。
HS政経塾でもなく^^;保守系の大学院でもない、
かつて革マルの拠点でもあり、
いまの民主党政権を作ったマスコミ人を多く輩出している早稲田を選ぶ。
もともと好きな大学ではあったのですが(意外といわれますが^^;)
好き嫌いの問題ではなく、ここでなければいけない、私なりの計算。
ガイダンスでお話になる先生方の率直な弁をきいていると、
本当にここは開かれた大学だな〜と実感しています。

でも、ここに来るまでに、
大きすぎる使命に自分がつぶされていた時期もありました。
からだをこわし、いままでなかったアレルギー症状が出てしまい、
処方されたステロイドがとんでもない副作用を起こし、
一時は死んでしまいたいと思うほど肌が最悪の症状に。
ブツブツがどんどん増えていき、耳は切れ、
目が腫れ上がり原型をとどめなくて、母も夫も痛々しい目で見ていたっけ^^;
衛星放送の司会が多かった頃で、本当にメイクは大変でした^^;

誰に頼まれたわけでもない勝手に抱いた使命感に
自分が押しつぶされる、このアホぶり。
そんな時期も越えて、やっと始まった。

自分のイデオロギーをやたらに大学院の研究に持ち込むことは避け、
一から学ぶことについては謙虚に白紙の目で学び、
研究については、批判精神の中に対象への愛を確認しながら
どこまでも「なぜ?」「なぜ?」を追究していきたい。
真の科学的態度を貫きたいとも思っています。
そして、先進国にふさわしいジャーナリズムのあり方を未来への提示となるような
ところにまで高めて研究したいと考えています。





  • 2011.04.26 Tuesday
  • 21:22

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 21:22
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
いい先生に巡り合ったのではないでしょうか。
それにしても、白倉さんが壮絶な1年を乗り切ってこられたことに感銘を受けました。
研究生活は地味で大変ですが、やりがいはあります。どうかよき修論を作成してください。応援してます!
おはようございます。

律子さんにも、使命感に押しつぶされるような時期があったのですね。

僕は、毎朝の通勤時間、ポッドキャストで「天使のモーニングコール」を聞いて、一日をはじめています。

仏法真理の要点を、歪めず、分かりやすく伝えてくれるので、ある時は泣き、ある時は情熱に燃え、ある時は救われます。

僕が自分の使命感に気づいたのは、「天使のモーニングコール」のおかげでもあります。

ありがとうございます。

「天使のモーニングコール」は、確実に多くの人を救っています。

心から応援致します。

律子さんをはじめ、スタッフの方のご苦労も多いかと思いますが、お体に気をつけて、今後も頑張ってくださいね。
  • M
  • 2011/04/28 8:35 AM
色々学んでいると、すべての集約は宗教や信仰にあるのでは(または目に見えない世界、手に届かない不思議さ)と感じることがあります。政治経済はよくわかりませんが、学ばれたことが生かされ、活躍されることが楽しみです。ここまでの道のりで苦しかったことも、きっと報われると思います!たくさんの人たちが、待っています!あ、サークルとかあるんですか?ないか(笑)
  • ひらめ
  • 2011/04/28 6:00 PM
中野雄太さま
はい!素晴らしい先生です。でも、1年次はこの方の科目などは履修しないので、接点がなくて^^;
あと、たいした壮絶さではありませんが^^; でも体調の悪さは自分の中に残る自我の発見にもつながり、学びにはなりました。
早稲田の大学院先輩として、今後もアドバイスお願いします。^^

Mさま
番組、大事にきいてくださっていること、本当に有難うございます。そして、お心遣いに本当に感謝申し上げます。
気付かれた使命、どうかMさんらしさで取り組んでくださいね〜

ひらめ様
全ての学問、芸術、科学などは、根本のところで真理につながっているということを知っていて学ぶのと、知らないで学ぶのとでは、大きく違いますよね。
サークル、入ろうと思えば入れてもらえるんじゃないかな^^
放送研究会とか入っちゃったりしてね(笑)
今度会った時に、私がテニスラケットとか抱えてたら、笑えますね^^;
  • ritsuko
  • 2011/04/30 3:09 AM
Send Comment