Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

こころ

月経前症候群

苦しんでいる女性が多いという「月経前症候群」。

いきなり口にするのも憚られそうな話題で、ひく方もあると思いますが、
読むことで、少しでも気持ちが楽になる女性がいれば、と思い、記します。

それに、男性も、女性のデリケートな心身について知っておくことは、
場合によっては大切だと思うし。



月経前症候群とは、
生理が来るちょっと前に、カラダだけでなく心の方にもトラブルが出るという症状。
月経3~10日前に現れ、月経が始まると消えてしまいます。

精神の不安定さに悩む人が少なくなく、
子供の世話をしながら涙が流れたり、
夜中に眠れなくなり悶々と悲観的なことを考えたりする人もいるそうです。
ところが、月経が始まるとピタっとおさまるから、忘れてしまい、
ひと月めぐってくるとまた悩み、、、を繰り返す。


で、専門家でもない私が、なぜこれを取り上げたか、というと、
実は、私自身が思春期の頃からずっと悩んできた当事者だから。。
(ふふっ。変なカミングアウトです)

私の場合は、
文字通り情緒不安定になり、ワケもなく落ち込み、軽いウツ状態に。
軽かろうが重かろうが、うつ状態は、大変です。
家族にも見せられない心の中の闇。
「深い洞窟の底に自覚もなく無防備に座り、”軽い絶望と会話”している」
そんな感じでしょうか。
やる気を出そうとしても睡魔が凄まじく、カラダも重くなっているので、
シャキシャキ動けなくなり、そんな自分を情けなく思って、いつのまにか自責の念。

また自分は何もできなかった
だから自分はダメなんだ
自分はいないほうがいい

ダメダメ人間、ダメ人間。

この「ダメダメ人間、ダメにんげん」という言葉を
「歌」にして、家で歌っています(笑)
夫には、「そんな言葉を出したら本当にそうなってしまうぞ」と叱られますが、
歌にでもして自分を茶化さないと、落ち込みは深刻になるばかりで、
これが自分なりの軽減法なんです。

きのうの産経新聞に女医エッセーとして月経前症候群が取り上げられていて、
ああ、私だけじゃないんだな〜 と少しホッとさせられました。

記事には対処法としてピルや漢方薬などが紹介されていました。
ちょっと試してみようかな、と思いました。

ただし、現代医学の観点だけでは限界がある、というのが私の持論。

霊的な視点がないと見落としてしまう点があります。

それは、「子宮は女性が持つ最も霊的な器官」ということ。
チャクラのひとつとも言われています。
きっと、生理前には子宮も、霊的に無防備になり、
女性や母性の特性が繊細に敏感に何かに感応しやすくなっている、
ということなんだと私は解釈しています。

色心不二。心とカラダは一体。
人間の本質は心(魂)。
肉体はこの世を生きるための乗舟。

この基本的な霊的人生観を持ってはいても、
コントロールが難しい肉体部分もあるのです。

いい対処法を私なりに考えてみました。

・月経前症候群だという「自覚」を持つこと
 (知るということはそれだけで闇雲な悩みから抜け出られます
 「自分はいま症候群だから落ち込みやすいので気をつけよう」と思うこと。
  思うだけで防備になります)

・子宮が霊的器官だと知り、周りの負の想念を、受けないようにすること
 (他人の愚痴や嫉妬など受け流す。
  混雑した電車内の人々のエゴなども凄い負のエネルギーですからできれば
  すいている時間を選んで早めの出勤するとか)

・自分の負の想念が出そうになったらプラスの何かで埋めてあげること
 (たとえば:深呼吸→穏やかで光に満ちたイメージの瞑想とか
       人からしてもらったことを振り返り感謝したり。感謝は最高のクスリ。
       美しい音楽をBGMにしてゆったり過ごしたり)

・お薬と併用(お薬って、大事です)

以上こんな感じかな。。

でもね、そんなにうまくいきません(笑)
女性って大変なんです。

できれば、恋人でも伴侶でもそばにいる男性や家族
「月に一度デリケートになっていて自分でコントロールが難しい状態なのだな」と
理解”してあげること、とっても大切だと思います。
かける言葉も選んであげてください。

はい、私がそうしてほしい、ってことッス(爆)
だんなさまは優しいので助かっていますが^^

職場でもそんな症状が出てしまう女性は大変ですね。。。
気の毒ですが、判断力も鈍っているかもしれないし、
できるだけ、上手に手を抜いたり、ランチはいつもよりゆったりとったり、
デスク周りをきれいにしたり、穏やかな気持ちになれるよな絵を飾ったり。。。
なんとか工夫して、乗り切って欲しいものです。一週間で消える症状だから。。

って、もしかしたら自分も職場で症状丸出しかもしれないのに、
カッコつけて、最後は他人ごとみたいに書いてみた(笑)


  • 2011.10.05 Wednesday
  • 07:16

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 07:16
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
私も 全く全く全く同じです(>_<)
本当にたくさんの女性が直面しているのではないかと思います!
霊的真実を知っていても やっぱり難しいものですね…(;_;)
ちょうど今朝も息子に声をあらげてしまい登校した後に自己卑下して落ち込んでいた所です…
白倉さんのブログを読んで 気持ちが落ちつきました☆
こういう共感ってホントに大切です(^^ゞ
ありがとうございます♪
  • ユーキ
  • 2011/10/05 12:42 PM
異性としてとても気がかりではあっても、デリケートでなかなか面と向かって聞けないこと。でもとても大切なこと。なるほど、そういうことなのかと思って拝読しました。ありがとうございます。
自分もパートナーがそうなった時は、できる限り気を使っているつもりですが、なかなか……。少しでも理解し、楽にさせてあげていればいいのですが。
霊的な視点が大事とのお話、門外漢の私にはとても勉強になります。しっかりした信仰を持っている方でなければ伺えないこうしたお話を、ぜひもっとお聞きしたいです。

我々男性陣にはなかなか理解できない苦しみ、ならばせめて笑い飛ばしてみるのはいかがでしょう。とっておきのケーシー高峰師匠のネタをご紹介。
月経が終わる年代の女性は自分だけの物語を綴りたがる、これを医学用語で「閉経物語」。これぞ諸行無常…アイタタタタ、物を投げないで……

モーニングコール、放送開始20周年おめでとうございます!
心からお祝い申し上げます。これからも私たちの足元を照らす番組を続けて下さい。
  • 萬尋
  • 2011/10/06 12:12 PM
ユーキ様
ああ、少しでも楽になっていただけてよかった^^; 女性は本当に大変ですよね。私は中身(性格)は「オヤジ」なのですが、オヤジだからこそ、この精神と肉体のギャップに苦しむのかもしれません。ちがうか(笑)
母親として妻としてユーキさんもたくさんの使命がおありだと思いますが、息抜きしながら楽しく歩んでください。いつもありがとうございます★
  • ritsuko
  • 2011/10/14 11:44 AM
萬尋さま
ケーシー高峰、出たっ!(爆)
もうこれぞオヤジくさっ(笑)
はい。まじめに、ときどきこんな観点でお伝えできたらな〜と思います。いかんせん、番組でやるにはきびしいものが(笑)
ま、私は人生の切り売りで生きてるようなものですから、まだまだある蔵出しを気長に期待していてくださいませ^^;

ただいま、この先、二週連続で課題に追われており連絡できないでおります、すみません^^;
  • ritsuko
  • 2011/10/14 11:50 AM
Send Comment