Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

movie

「人間の条件」と「猿の惑星」

今週は大学院での文献報告を控えていたので、久々に脳みそが沸騰!

大学院入学後に初めて発症した「知恵熱」の患者です^^;

文献報告というのは、講義で読む文献の担当箇所をレジュメにまとめて
教授や院生に対してそれをもとに説明(発表)をして、議論を展開していく、というもの。

文献は、政治哲学者ハンナ・アーレントの「人間の条件」

私は大学時代は人文学部でしたので、政治哲学なんて未知の世界でしたが
アレントは、真理の書籍にも出てくる名前で、気になっていました。
(「政治の理想について」大川隆法著)

文献報告は非常にお粗末なものになりましたが^^;
それでも、やはりアレントは読み進めたいと思う政治思想家の一人です。

ユダヤ人でもあった彼女はナチス政権の全体主義の恐怖を経験、
「全体主義の起源」はよく知られた著書です。

「人間の条件」には、
人間の生活を「観照的生活」と「活動的生活」の2つに分けて
人間の持つ最高の能力について書かれています。

※  ※  ※

さて、そんな「人間の条件」を読んでいる一方で、
昨夜は、映画「猿の惑星〜創世記 ジェネシス」を観ました(遅ればせながら)。

「猿の惑星」は、古い作品(チャールトン・ヘストン主演)のラストシーンが
忘れられません。

何年か前の「猿の惑星」も観ましたが、
今回は、モーションキャプチャー&3D?CGを駆使して、
チンパンジーの表情がすごかったな〜

で、「人間の条件」と「猿の惑星」って、なんだかスゴイ考えさせられるな〜
とちょっと感じた次第。

書きだすと、哲学的になって深みにハマるのでやめます(笑)
なんとなく、わかるでしょ?^^;

ハンナ・アーレント「人間の条件」※※※
映画「猿の惑星〜創世記 ジェネシス」※※※


  • 2011.10.27 Thursday
  • 09:11

-

スポンサーサイト

  • 2014.02.16 Sunday
  • 09:11
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
『猿の惑星〜ジェネシス』は私も観ました。内容は、はっきり説明できませんが、(口下手なので。)猿にも人間と同じような感情があるんだなと思いました。『猿の惑星』は昔の映画は観ていないので、よくわかりませんが、白倉さんは昔の『猿の惑星』はご覧になった事はありますか?あればどんな内容なのか教えていただけませんか?お願いします。
  • 感動君
  • 2011/10/28 5:53 PM
感動君
毎度ありがとうございます。
いやいや、昔の猿の惑星のあらすじなどネタバレになるようなことは書けません、ごめんなさい。(いや、たいして覚えてないだけなんですけど^^;ご自分で観るのがいいですよ)
  • ritsuko
  • 2011/10/28 10:44 PM
Send Comment