Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

job

どこでも、鬼・・・

いよいよ年の瀬。
目黒通り(幹線道路)は、いつもより静かです。

まぶしい冬の光、心が洗われますね〜♪


大掃除は、まだ残っています><;
どんだけ広いお屋敷なんでしょ(もちろん、うそ^^文字通り「うさぎ小屋」)。
鬼嫁は、義母に拭き掃除をお願いしては、ダメ出しをし(笑)、
合格のときは「わあ、おかあさん、モデルルームみたいになった!」
と言ってさしあげます。


年賀状、今日も無理そう。(大掃除の他にも予定が。。。><;)
関係者のみなさま、遅い賀状でのご挨拶をお許しくださいませ。
ま、イベントだから、年賀状は・・・(自分たちに甘い)。


新年の仕事始めは、2日の予定でしたが、
元旦の午後からリハーサルをおこないたい、と、きのう電話があり、
東京ではないものですから、結局、元旦から拘束されるのです(苦)。

お仕事はありがたいのですが、
先方に「もう少し早めに段取りを見通せないのか?」と少々不満な私^^;

そりゃあ、そうです。
そんな制作会社、見たことありません。

先方の会社、
人によっては、きちんとプロの仕事をしてくださるのですが・・・
(ここでの「仕事」とは、本番だけでなく、発注段階からの進め方を含む)

さあ、どうなることやら・・

関係者で、ご覧になってる方もいらっしゃること、わかってて書いてます(^^;)



前日の予定拘束時間、
ギャランティの提示、
新幹線の手配の有無 或いは、適当な列車時間の案内(正月ですからね〜)
ヘアメイクの有無、
控え室の有無、
衣装の具体指示、
本番のキュー出し(ディレクション)をされる方の名前、

それだけでいいから、、、してくださると、
彼らも、シロウト仕事から脱せるのになあ〜・・・

いつも、ここからの発注をいただくときは、私も実は甘いところがあり、
上記のようなことなど、自分でなんとかします、と言ったりするのです。
でもね、、一事が万事、こうだと、私のほうが、もう続きません。

私はいつでもどこでもどんな仕事でも、自分にも先方にも、
プロとして取り組むという厳しい要求をつきつけたいのです。

そうじゃなければ、一緒にクリエイティブな仕事なんて出来ないと思っています。

要するに、外注の相手に対して、どこまできちんと対応できるか、が
これから、先方の勝負どころの一つだと思います。

そんなもの、専門家にきけば済む話なのですが。。。
スタッフの意識改革と制作のプロ養成を心から期待します。

あら、またまた生意気な・・・

仕事に関しては、も?、鬼です。

夏は、「鬼軍曹」って言われたんだった・・^^;





  • 2009.12.30 Wednesday
  • 08:49

job

カリスマ教師、原田隆史さん

今日は、久々に仕事のレポートです(^^)

アナウンサーやナレーターの仕事をしていると
本当に素晴らしい出会いをいただきます。

ブログでは、やたらと紹介できないので、
いつも、ほんの一部しかお披露目できないのですが、
つくづく、こうした出会いが何にも代え難い宝もので
感謝でいっぱいです。

さて、今日は、日経BP社さんの出版物に関わらせていただきました。

ご本人にもご了解いただいて、まずは、写真から♪



カリスマ教師、原田隆史さんとのご縁をいただきました。

ご存じの方も多いのではないでしょうか(^^)
奈良教育大学卒業後、
大阪市内の公立中学校に20年間勤務され、
陸上競技部の指導においては、生徒たちを「日本一」に導かれました。
それも7年間に13回 日本一!の常勝チームへ。

現在は、(株)原田教育研究所 代表として、
”教育によって日本を改革したい”という思いのもと、
関西を拠点に、全国、全世界、飛び回っていらっしゃいます。

尚、多くの経営者、オリンピック選手、世界で活躍するスポーツ選手が
原田さんの指導を受けて、実績を出しています。


私が手にしているのは、
原田隆史さんが監修している「夢を絶対に実現させる手帳2010年版」!

11月に発売予定の「システム手帳本体&リフィルセット」などに付属する
「CD」の収録を、都内のスタジオでおこないました。

原田先生が、直接、この手帳の特徴や使い方、
そして、夢を実現させるために大切なこと、をお話になっています。

目標設定、行動管理などは、他の手帳でもしばしば見ますが、
原田式は、とにかく具体的にとことん行動まで落とし込みます。
自分の中でコーチングをしている感覚で、
日々のルーティンワークの認識も独特で、ちょっと目からウロコでした。


聞き手としてほんの少しお手伝いしましたが、
原田先生の、一見、淡々と話される関西弁は、
奥に、多くの人の夢の実現を本気で支える熱い思いが裏付けされて、
すごい説得力。聞き入ってしまいました(^^;)

私、一部の間では、手帳の達人と(笑)言われておりますが、
実は、最近になって、一つの手帳だけでは、事足りず、完結&満足できず、
リフィルを組み合わせて使っています。

ちなみに、現在、主軸で使っているのは熊谷正寿さんのクマガイ手帳。
ご縁もあり、ちょうど去年の秋から30年計画で人生設計しているので、
大きな目標、中間目標、小目標など明記して、年ごと、月ごと、日ごとに
やるべきこと、成果などを書き込む、という点は満足しています。
そこへ、他のシステム手帳の一部分のリフィルを組み合わせ、
それでも、たまに、分厚いので持ち歩くのがイヤになり、
野口悠紀夫さんの「超・整理手帳」で確認したり。。。
・・・ハイ、まだ、さまよっています^^;

来年はどうしよう?と本気で迷っていました。

これは、使ってみる価値、大いにあり、と直感しました。

手帳って、発明ですね〜


ともあれ、原田隆史さん、楽しい方でもあります(^^)
「趣味は、テレビ出演」だそうです^^
「カンブリア宮殿」や「報道2001」など、多くの番組にご出演に
なっているんですね〜

収録後、日経BP社の女性スタッフの方からの、美味しい差し入れ
赤坂しろたえのシュークリームやケーキ、お菓子をいただきながら、
(本当においしかったです^^ ごちそうさまでした〜)
プライベートトークをさせていただいちゃいました。

お父様は特攻隊にいらした、という、なんとも筋金入りの男気と信念。
なぜ、教育の道に進まれたか、これまでの経緯もお話くださいました。

民主党政権になってから教員免許の更新廃止に憤慨している私は、
その思いもぶつけてみましたら、原田先生も、大きくうなずいて
「あんな判断するなんて、教育が滅んでしまう」という主旨のことを
おっしゃっていました。

そして、初対面なのに、私の夢まで見事に聞き出され。。。
正直にお話したら、心からエールをくださいました。


さあ、10月ですね。
秋めいてきました。
みなさん、風邪にもお気をつけて、元気に実りの秋を!

あと、もう一つのブログもご覧くださっている皆さん、
ありがとうございます。


さいごに、
夢を絶対に実現させる手帳2010年版」は11月23日 日経BP社より発売です



  • 2009.10.01 Thursday
  • 00:21

job

素晴らしい記事に関わりました(^^)

Are You Happy?最新号」の特集記事に関わらせていただきました。

私の過去のブログからご覧くださっている方は、覚えていらっしゃるでしょうか。
何度かご紹介した、一冊の本。

イマキュレーイリバギザ 著 「生かされて」を。

ルワンダ大虐殺は、民族間の対立から、
一年間で100万人もの命が奪われました。

この大虐殺の中を、
奇跡としかいいようのない経緯で生き残った女性の、真実の物語。

女性の名前は、イマキュレー・イリバギザ。
教会の狭いトイレに、仲間とともにぎゅうぎゅう詰めで隠れていた彼女を、
何度も狂気の殺人者(きのうまで隣人だった)が、
大声で名指ししながら大鉈(おおなた)を振り回して殺そうと探しまわる。

どうやって生き延びたか。
それは、「信仰」によって、でした。

どういうことか?と、思われた方は、ぜひ、読んでみてください。
何か信仰を持っている人も、無宗教という方も、
絶対、後悔しないはずです。
それどころか、心に光が射してくる体験をされると思います。
人によって、程度の差こそあれ、きっと。。。


さて、このたび、イマキュレー・イリバギザさんが、
月刊「Are You Happy?」のインタビューに答え、特集されているのです!

ここに、私も、関わることが出来ました。

実際には、私はなんにもしていないに等しいのですが、まあ、きいてください(^^)

以前、現在のAre You Happy? 船井編集長が、
「天使のモーニングコール」にゲスト出演してくださった際、
収録後の雑談で、「信仰に生きる女性の美しさ」を特集したい、と話していました。

私はすかさず、「イマキュレーさんを取り上げてくださいよ〜」。
船井編集長「そうなんです!取り上げたいんです!」
私(^^)「”生かされて”の翻訳をされた、堤江実さんを知っていますから紹介します!」

と、まあ、簡単に言うと、そんな経緯で、おつなぎすることが出来ました。
でも、堤さんと編集長をおつなぎすることはできたのですが、
実際には、そんな単純な経緯でこの記事が出来上がるはずもなく。。。

イマキュレーさんは、いまや世界規模の方で、
世界各地で、講演会にもひっぱりだこ。

さまざまな事情があり、かなりの難関を突破しての、
記事の出来上がりとなったようで、
編集長はじめ、スタッフのみなさんの努力に、つくづく尊敬〜。

何よりも、堤江実さんに感謝です。

堤さんは、特集記事のおわりに、イマキュレーとのことを寄稿。

ついでに?
私も、つたない文ではありますが、寄稿させていただきました。
ほんのちょっとね。300字ぐらいね^^;

もしよかったら、ぜひ、Are You Happy?を読んでください。
そうそう、「生かされて」も、本当におすすめです。

Are You Happy?は、リニューアル発刊後、とびっきりセンスよくなりました♪
今月号も、どこをめくっても、素敵です。

「サンタ・マリア・ノヴェッラ」も取り上げられていて、嬉しくなりました。





  • 2009.09.06 Sunday
  • 23:49

job

無縁だと思っていた東京大学(^^;) (夜、追記)

こんなタイトルつけたら、
「お!白倉が東大合格か!?」と思われても、、、

・・・思わないか(^^;)

高校三年の時、
共通一次試験(現在のセンター試験。年代がわかりますね^^;)を受けました。
会場となった横浜国立大学の庭で、国語の試験のあと、
一緒に受けていた数人の友人とお弁当を食べていたところ、
テレビの取材でインタビューを受けました。
地元のTVK(テレビ神奈川)です。

T「ちょっとインタビューしてもいいですか?」

私「あっTVKだ。いつも「ミュージック・トマト」見てます♪」

T「いまの国語の問題はいかがでしたか?」

私「はい。標準的な問題だったと思います。」(解けたかは別ね^^;)

T「そうですか。ちなみに志望校はどこですか?

私「、東大です。


????!!!!!

ちがうんです。「言いまつがい」だったんです^^;

その日、私は、「右のほっぺ」が腫れていました。
三日前に、親しらずを抜き、寝込んでいたのです。
で、ほぼ捨てていた共通一次、記念に受けようと受けたわけ。

熱はまだあるわ、口の中は痛いわ、で、
喋るのも、食べるのも、不自由でした。

で、本当は、「東京外国語大学」に行きたかったんですね、、
で、”東京”の ”と” まで発声したら、なんかうまく言葉が出て来なくて
しかも、私の乱暴な性格が出て「いいや、めんどくせ〜」って思ったのもあって
なんだか一瞬のうちのいろんな事情が、、、

「東大です」に変わっていたんです(笑)

その夜、私の腫れたほっぺの顔と「東大です!」宣言が、放映されました・・・

※  ※  ※

そんなおまぬけな私、
当然、東大に入れるワケもなく(受けてないって^^;)武蔵大学へ。
ただ、学生時代、なぜか「東大家庭教師会」とかいうところからのお話で、
家庭教師として斡旋されて、少しの間、男子中学生を教えていました。

つないでくれた当時の彼は、慶応義塾大学だったし、
なぜ、私が東大家庭教師会から派遣されたのか、
その男子中学生のご家族も不思議に思ったと思います^^;

ただ、その子の希望は、「女の先生がいい。それもヘンな女の先生」。。。

そこで私が抜擢された、、、という経緯を聞きました。
なんでじゃ〜!!!

※ ※ ※

社会人になってから、特に最近は、周りに東大卒の方々が多くて、
そのうち、「友人」といえるような東大出は、、、、
いないか。。。(爆)
(これ読んでくれている友人で、もしいたら、ごめんなさい^^;
 でも、出身大学なんて、友人になっちゃうと関係ないじゃん(^^))

一緒に飲みにいったり、専門分野の話をきくため会ってもらったり、
そんな関係の東大出の方は、何人かいますが、
たまたま大学の話になったら東大なだけだった、という感じです。

不思議なんですが、
司会業で、披露宴の仕事を毎週していますが、
なぜか、東大出身の方々の披露宴を担当する割合が、私の場合、多いです。
本当に多いです。
東大卒同士の新郎新婦も、何組かいらっしゃいます。

幼い頃から現在に至るまでのエピソードなど
司会は、その方々のことをたくさん知ることが出来ます。

これまで、東大卒の方はどんなタイプ?とか
意識したことは全くありませんが、
やはり、みなさん本当に勉強家、努力家、研究熱心でいらっしゃることに
間違いないと思います。
又、優秀な方々は、人柄もいいものです。

※  ※  ※

さて、以前からとてもお世話になっている方からの依頼で
明日は、東京大学OBの方々が主催の懇談会の司会をすることになりました。

この話をいただいて初めて、その方が東大だったことを知った次第^^;

国防の現実や問題を広く知らせることが目的の懇談会です。
詳細は、こちら。


※ ※ 夜、追記 ※  ※

打ち合わせで、ジャーナリストの 恵 隆之介さんと初めてお会いしました。
沖縄出身で「海の武士道」著者でもある恵さん。

私も、記事などで存じ上げていましたが、実際は、とてもフレンドリーな方。
しかも「いつも拝見していますよ」と言われ、赤面。
(何をご覧になってくださってるのか恐縮しすぎて訊けなかった^^;)

他の方々のお顔ぶれも、凄いんです。(書けないのが残念!)

以上


  • 2009.08.20 Thursday
  • 21:41

job

義家弘介さん

今週の「天使のモーニングコール」
ゲストは、ヤンキー先生こと、義家弘介さんです♪

義家さんをゲストに迎えておこなった公開録音のダイジェストです。
当日、会場までお越し下さった皆様、改めてありがとうございました。
あれからたくさんの方に「義家さんのお話、素晴らしかったですね!」と
声を掛けていただきます。
その度に、え!どこに座ってらしたの!?と聞き返す私。(そこに反応^^;)

今日は私の感想を、私の言葉で記しておきます(^^)

義家さんは、
学校教育の”いま”を直視しながら、
その目は、”必ず改革できると信じている未来”を見据えていらっしゃいました。
そのために戦わなければならない現実を捉え、「戦う」姿勢も持っています。

「他の誰でもない、自分が、自分と想いを同じくする人達が、変えていくんだ」
という深いところから来る「気概」を持っていらっしゃる方。
そのために、政治家としても、その改革を訴え、実行力を備え、手を抜かない。

政界への転身を揶揄する声や、誤解もあるようですが、
直接お話を伺って、日本の未来を創るという視点がしっかりある方だと思いました。
一方、少年のような純粋さで、子供達と同じ目線に立つことが出来る方。

波瀾万丈の人生を送ってきた方は、他にもいますが、
その経験を生かす、というところを、とっくに通り越していて、
「社会の未来を、こうするんだ」というビジョンがしっかりある、という点が
際立っている方。そんな風に感じました。

放送、お楽しみに!

「天使のモーニングコール」
土曜放送:ラジオ日本 ラジオ関西 栃木放送 熊本放送  南海放送 静岡放送
日曜放送:FM26局 四国放送 北海道放送 山梨放送 ハワイKZOO

詳しくは番組HPへ→※※※

義家弘介さんHP→※※※



  • 2009.05.15 Friday
  • 22:48

job

仕事上の意識

仕事上のちょっと突っ込んだ内容を書きます。

以前、NHK厚生文化事業団の仕事で、
ある映像のナレーションを担当したのですが、
その素材をNHKラジオの番組内で一部抜粋して使用したい、という
お断りの挨拶をちょうだいしました。

いわゆる二次使用の相談です。
放送されるラジオの為に録ったものではなく、
別の用途で録ったものだから、声の持ち主である私に許可をもらいたい、
或いはギャランティをご希望なら相談したい、という話です。

福祉に関する啓蒙番組。
私の声が出るのは、合計約1分。
そんな事情でしたら、どうぞご使用ください、
ギャラなど要求いたしません、お役に立てて嬉しいです(^^)とお返事。


「先方はやっぱりきちんとしていらっしゃるな」と有り難く思いました。
たった1分でも、名前も出さずに担当した声でも、
その声の持ち主に対しての配慮を欠かさない。。。
声の仕事をしている人間は、声がそのまま商品です。
又、ライターの仕事なら、考えた言葉やコピーが商品扱いとなりますから。

なのに、意外と、その点が理解されずに、雑に扱われ、
別の場所で勝手に使用されている、ということが時々あります。
私は極小フリーランスという立場なので、というのもありますが、
本来は事務所に所属していようがフリーだろうが、関係ありません。



以前、ある局で収録した、ある大学のコマーシャルが、
数年後、別の局で流れていて、びっくりしたことがあります。

私がコメントを考えてから定番となった、ある番組内のコピーが、
何かのオーディションに使用されていて、目を疑ったことも。


「悪気はない」では、やはり仕事として、お粗末な感覚です。
著作権がこちらにある、などとは思ってもいませんが、
「一言おことわり」が、あるとないとでは、心象が違いますし、
今後の仕事上の関係にも影響します。

当たり前のことを当たり前にこなす、ということは意外と難しいもの。
特にルールが徹底されていないようなものも多いこの業界。

私自身、無意識のうちに先方の気持ちを台無しにするような、
デリカシーに欠ける行為をしていることもあるかもしれません。

ただ、「気を付けている」「配慮している」という気持ちだけは伝わるもの。

今回の件で、お伺いを下さった先方に、感謝を新たにするとともに、
出来れば、業界全体も、こういう当たり前の配慮ができる関係に
なってほしいな、と思った次第です。

※   ※   ※

尚、その番組は、来月放送されるそうです。
NHKラジオ第二放送「ともに生きる」内。
「知的障害や自閉症のある人達をトラブルから守る」というDVDを紹介。
そのDVDのナレーションを担当しています。


  • 2009.04.27 Monday
  • 23:04

job

今年度もよろしくお願いいたします♪

桜色に街が色づく中、新年度スタート!

私も、気持ち新たに、みなさんとたくさんの幸せを共有したいと思っています♪
どうぞよろしくお願いいたします♪

♪白倉律子からのお知らせ♪

4月から「天使のモーニングコール」ネット局がまたまた増えま〜す!
FM山形、FM長野、FM滋賀 
で放送をお聞きのみなさん、
週末の朝のひととき、番組がお届けする光で心を満たしてくださ〜い(^^)
これで全国35局&ハワイでのネットとなり、ますますパワーアップ。
みなさんに、幸せのヒントをお届けすべく、がんばりますね〜!
※  

テレビ番組のナレーションを久々に担当しました。
ケーブルテレビの番組「ひと・ものがたり」。
箱根寄せ木細工職人・本間昇さん〜にスポットを当てた回です。
4月1日〜10日までJCNのコミュニティーチャンネルで一日3回放映。
放送エリアは、大田区、横浜市、鎌倉市、小田原市。
もちろん、ケーブルテレビに加入していないとご覧いただけませんが・・・

「職人」とか「匠」などドキュメンタリー風の番組は大好きですので
携われて、光栄でございます。声を掛けて下さった方に感謝感謝(^^)
ケーブルテレビの現場自体は、初めてでした。
なんだかスタジオも手作り感があり、収録は本当に楽しいものでした。

取り急ぎ、お仕事近況報告でした〜

このほか、オーディオブックなどの出版物で「ナレーション」をたくさん
担当しているのですが、どれがどれでいつ発売か、などきいていなくて
いつか機会があったらお知らせしま〜す・・・

  • 2009.04.01 Wednesday
  • 10:45