Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

thought

ちょっとした動き

春から新しい生活が始まった方は、もう慣れてきましたか?
さほど大きな変化はない私にも、フレッシャーズの新鮮なパワーは届いていて、
なんだかウキウキしています♪ 初々しい光をありがとう〜


最近、秘かにしている行動があります。(秘かじゃないけど)

テレビの報道番組などへの「意見投稿」です。

以前に比べて、テレビを見る時間は激減したのですが、
報道姿勢に、気になる「偏向」や「操作」を感じた場合、
あるいは、知らず知らずのうちに
「視聴者の心をマイナスへ運ぶような伝え方」をしている場合に、
直接、その番組のサイトにアクセスして、記名で訴えるようにしています。

表現の自由、報道の自由がこんなに守られている日本は、素晴らしい国です。
各新聞やテレビなどの論調が、ある種の思想やフィルターによって
それぞれ違った色を出すことは、いいと思います。

ただ、視聴者への影響力が、メディアの驕りにすり替わり、
国益に反する垂れ流しをしていると見えた場合は、
あたしだって、だまっちゃいないわよ^^ ってなワケです。

以前、このブログに「マスコミの次元が低い」「驕りが見える」と書いたとき、
たくさんの方からコメントやメールをいただきました。
中には、ご自身が報道の最前線にいらっしゃる方もありました。
又、偏りすぎのテレビ報道にもの申すサイトを運営している方もありました。
政治や国際問題に携わる方に、メディアの役割は何だと思うか、
などを直接訊ねて、議論を交わしたりもしております。

そんな折、久々にランチをした知人から、ある資料をいただきました。
報道番組ではないのですが、ある番組に、大学教授が専門家の立場から
意見を投書し、その後、番組プロデューサーから届いた返事と、
さらに教授の「指摘したのはその点ではない」という主旨の、さらなる意見。
その後、局からの返答はないようですが、

テレビを見ながら、画面に向かってぶつぶつ言うより(←うちの夫^^;)
「きちんと声を届けてみよう」と思い立ったきっかけです。
一人の視聴者として。

メディアが使命を果たせるように、という願いを込めています。
感情的に、批判的にのみ書くことは避けています。

局アナ時代に、時々「ご批判」の電話をとりました。
正直「この人、面倒くさいな〜」と思ってしまうクレームもありました。
真摯に受けとめることが出来ずに、逆ギレしていたこともあります。
そんな過去の自分を反省もしつつ(ラジオとテレビ、また違いますが)
思い立って始めた行動です。

そういえば、新聞の「投書コーナー」に一度だけ出したら掲載されたことが。
それは、「宗教教育の是非」に関するもので、
他にも複数の方々の様々な意見が載り、賑わう紙面に心沸き立った覚えがあります。

他に、全く別件の新聞報道で
「偏見を増長させるから、言葉の使い方を再検討してほしい」と
メールしたことがあります。そのときは返信などはありませんでしたが
報道に少々の変化を見ました。
(私の文章じゃ説得力がなかったかもしれないけど、
 きっと多くの方がもの申したのかな、それで変わってきたのかな)
なんて、思ったものです。

テレビを見る時間がそんなにあるわけではないので、
本当に、ふと、気が付いたら、という感じでやっていること。。。
目を皿のようにして、報道をチェックしているワケではありません。
送ったらスッキリして、あとは忘れてしまっていることもしばしば。。。

自分の考えもまとまるし、いいですよ(^^)

(でも、いちいちここに書くのは、嫌らしいので、しませ〜ん^^;)


  • 2009.04.17 Friday
  • 17:50

thought

ケインズかハイエクか

今朝は目覚ましがわりに「天使のモーニングコール」を聴きました。
自分がパーソナリティをつとめているとは言え、
聴くときは、フツ〜のリスナーです(^^)
今日のは、いつもと違った切り口で、面白かった〜!

経済学者 鈴木真実哉さんの解説による
メガバンクによる30兆円の紙幣発行案」の話。
スタジオで実際にうかがっている時も、スゴイ話だと思いましたが、
放送を通して聴いてみると、改めて、日本に誇りを持てる内容!
そして、「メガバンク勤務のどなたか、実現してくださ〜い!」
と思いながら、日本の持つ力を確認できる、元気の出る内容でした。
(手前味噌と思われてもしょうがないですが^^;)

FM23局などは日曜放送なので、間に合えば聴いてみて下さい。
逃した方は、ポッドキャストか番組サイト内で、後日アップしたら、是非。
「天使のモーニングコール」番組HP→※※※

※   ※   ※

番組の中では出てきませんが、
書籍「日本の繁栄は絶対に揺るがない」の中では
ケインズ経済学は ”緊急避難”の理論であって、
 常時おこなったら、国力は弱って当たり前」
ということが書かれています。

そう、このケインズさん。いま、また、注目されていますね。
書店に並ぶ経済書を見渡してみると、
「容疑者ケインズ」があったり、
「いまこそケインズとシュンペーターに学べ」があったりして、
どっちなんだ?!ケインズはダメなのか?学ぶべきなのか?と迷うことでしょう。

でも、真理の観点から見れば、いまこそ
ハイエクやシュンペーター(或いはドラッカー)に学べ」なのです。

私は、経済に全く興味がなかった約10年前に月刊ザ・リバティの記事で、
初めて「ケインズ」と「ハイエク」の名前を知りました。

ケインズ経済学の柱は、「国家が経済に積極的に介入すべき」という立場。
「不況の時は、雇用を生めば景気はよくなる」と説いています。
世界恐慌期に現れた彼のこの理論は、一時的には効果を発揮しますが、
あくまでも大不況など非常事態に当てはまる特殊理論。
国家の行きすぎた経済への介入は、麻薬を打ち続けるようなもの。

一方、イギリスのサッチャー元首相が師事した、ハイエクは。。。
経済の主役はあくまで個人。富は、個人の自由な活動によって生まれると洞察。
「市場における自由な競争」が柱。
社会主義国や福祉国家のように、個人が国に依存する体制は、
人々の自助努力の芽を摘み、人間性の堕落と社会の衰退をもたらす、と考えました。
「機会の平等」と「結果の公平」。。。
誰もが努力いかんで成功と豊かさへの道が開かれる社会こそ健康だと。

ケインズが、政府支出によって「完全雇用」を達成させようとしたのに対し、
ハイエクは、政府のばらまきという他力は国民の自助努力の精神を削ぐとした。。

長くなりましたが(いつものことか)いかがでしょう。
私はやはり、市場の知恵への信頼をおいたハイエクのほうが
明るい未来を引き寄せる、と思いたいですね。


  • 2009.03.28 Saturday
  • 23:26

thought

先進国に生きている以上・・

春3月を迎え、桃の節句の日、東京は「雪」が舞いました。
底冷えは続きますが、道すがら、沈丁花の香りも漂い、春の予感なのです(^^)

日本人は四季を知っています。
朝の来ない夜はないように、春の来ない冬もないことをよく知る日本人。
それは突然やってくるのではなく、ゆっくりゆっくりと移ろい、時間を与えてくれる。
その時間の中で出来ることがある、ということを知っているはずなのです。
だから、日本人は精神的に世界をひっぱっていくことも出来るはずだと、
私は考えます。

四季の話から大げさに話が飛びましたか(^^;)

梅田望夫さん「ウェブ立志論」(産経新聞で定期的に掲載)を愛読しています。
十日ほど前の氏の記事は、そうだそうだ、と頷きながら読みました。
アメリカ在住の日本人高校生達への氏のアドバイスが書かれています。
大きく省きますが、以下のような内容でした。

次の50年」は「変化が常態」の時代になる。
未来は何が起きるか本当にわからない。
そんな時代を生きる上でいちばん大切なことは、未知を楽しめる心、
未知を探究できる強さを持つこと。
未来とは不確実で予測不能なものだからこそ人生は面白いんだ。
そう思って毎日を生き、
わからないことの面白さや混沌を楽しめるだけの自信をつけよう。

フロンティアへの挑戦や冒険、研究や創造、知的興奮の追求、
パブリックな精神に基づいた活動、
グローバルな難題の解決・・・没頭する対象は何でもいいが、
ただ、便利で快適で安全な暮らしとかいった「生活」レベルのことではなく
それより上位の価値を追い求めること。

それが、先進国の恵まれた環境に育ってよい教育を受けている君たちの責任だ。」


不況だと言っても、充分に恵まれている日本で、
「国民の安定した生活」云々ばかりを叫んでアピールする政治家には、
正直あまり賛同できずにいます。
「弱者」「格差」の言葉を巧みに使って国民の立場に立っているつもりの
マスメディア(全てではありませんが)にも距離を置きたくなります。

歴史の中で培ってきた叡智と国民性を見直し、自信を取り戻し
世界の中での日本の役割を多くの若者に訴えかけ、
多くの人々の気概を鼓舞するようなことを言う大人がもっと増えないとな、と
思ったのでありました。
なるぞ、私は、そういう人に。
青臭いと言われようが、甘いと言われようが、なりたいぞ(^^)

順境のときに明るい未来を描くのは簡単。
逆境のときに悲観するのも簡単。
乱気流の時代に、未来を明るいと言い切る強さを、持ちたいのです。

今日出会ったお花♪



  • 2009.03.04 Wednesday
  • 23:54

thought

自分を信じろ!そして疑え!


日本のマスコミのレベルは低い、と思うことが多い。
下品だとも思う。
その報道目的は一体なんだ?と疑うことも多い。
日本を潰す気か?!と、憤る。
政治家の揚げ足を取り、それどころか辞任するまで叩きつぶす。
政治家としての仕事をさせてあげない。情けなくなる。

そして、マスコミそのものに、「驕り(おごり)」を感じる。

小さい頃から、マスメディアで働く自分の姿を思い描いていた。
(私はおとなになったら、きっと大勢の人に何かを伝える仕事をしてるはず)と。

一方で、マスコミが作っていると思われる世論には、流されない学生だった。
新聞やテレビの報道が同じようなことを叫んでいても、かえって不気味に思えた。
たぶん、世界を見てきた父の話が、私に物事の一面だけを捉えるのは危険、と
いうことを教えてくれたのだと思う。
だから、マスメディアで働きたいという気持ちは、「憧れ」ではなく、
自分でも説明できないけど「やらなきゃ」という気持ちから来たと思う。

でも、大学時代は、現実から逃げていたと思う。
本は、落合信彦にハマった。
マスコミ受験対策などほとんど知らず、にわか仕立ての独学で受験した放送局は、
どこも当然、歯が立たず・・・
拾ってくれたのは、意外?にも、一社しか受けなかったラジオ局だった。
正確には、キー局の最終試験で落ちたのだが、地方局に推薦してくれたのだ。
受験時には、富山県が日本列島のどこにあるかも認識していなくて、うっかり
面接時に「海があるなんて知りませんでした」と言ってしまったが、合格。

音楽中心のFM局で、朝のニュースワイド担当を上司に懇願。
アナウンサーだけで飽きたらず、
裏方にまわって後輩アナウンサーが喋る番組を手伝ったり、
小さな特番を作るために安い値段で営業を勝手にとってきてしまい、
営業部の先輩やエライ人から叱られたこともある。

いちばん好きな場所は、スタジオの中とニュース室だった。
世の中の出来事をどう見るべきか?ということにいつも関心があった。
この事件はどう解釈したらいいのか、と、毎週お会いするコメンテーターの方に
個人的興味でいろいろな疑問をぶつけていた。

当時、人には、あまり興味がなかった。。。(本当です^^;)
インタビューがいちばん苦手だった。(本当です^^;)
下手くそすぎて、「没」になったインタビューもあった。
そのくせ、その頃ファンクラブにも入っていた「たま」へのインタビューは
時間を大幅にオーバーするほど、四人のメンバーそれぞれに訊きまくった。
(「たま」のファンだったという事実、開放^^;)

タイトル「自分を信じろ!そして疑え!」は、私の仕事態度の一面でもある。

自分に自信がないままマイクの前に立っていては、かえって人々を不安にさせる。
経験、実績、実力。少ないながらもそれなりに積んできたものに相応の自信を持ち、
一方で、いつでも自分を疑うことが出来なければ、
プロとしての「驕り」にハマる、と思っているのだ。

いま、私は何をやってるんだ?
真理を伝える番組は、これまでの仕事の中で、
おそらく最も覚悟を決めて臨んできた仕事だ。
いまでも、内容に自信を持ってお届けしているつもりだし、
何百万という人々が耳を傾けてくれている。
でも、救いになっているのか。
本当に他人の立場に立って伝えているか。
自問自答をすれば、きりがない。
宗教に対する偏見も、よく知っている。

この教えは本物だ、という確信と信念は、時に、「驕り」を呼ぶ。

正論だけ並べても、苦しんでいる人なんて救えない。
死にたいと思うまで追い詰められた経験をして初めてわかった現実だ。
でも、言うべきことは言う。死ぬな、死んでも苦しみはなくならない、と言う。
そう言うしかない。信じているから。人を、自分を、世間を、神仏を。
あの世はあるんです、と、証拠も出せずに、信じて言う。言うしかない。
愛は与えるものなんです、と、実際に与えてみて初めてわかる幸福感を薦めてみる。
世の中に対して、私は、誠実でありたい。
無理解に対しても、偏見に対しても、信じていたい。

マスコミの「驕り」と、いま自分の中にある「驕り」を
合わせ鏡のように見ている。。。

一つのラジオ番組が、全国の人々の声を、逆に私に届けてくれる。

いつか報道の中心へも、この鏡を持っていきたい。
  • 2009.02.27 Friday
  • 21:48

thought

善意で舗装されている地獄への道

先週きいた、経済学者・鈴木真実哉さんの講演で印象深いエピソードがありました。

街頭で、雑誌ISSUEを売るホームレスの人達。
自分でこの雑誌を売ってもらい、売上げの一部を報酬として、自立を支援するもの。
私もときどき購入します。
心の中で「がんばってください」とエールを送りながら。

彼らは、地を這うような生活から、自立の力をつけて這い上がろうとしています。
あるテレビ番組で、このISSUEを売るホームレスに
派遣村には行かないのか?」とスタッフが訊ねる場面があったそうです。
「あそこに行けば、食うのも寝るのも困らないじゃないですか」と。

ところが、そのホームレスの人は、こう答えたそうです。
ハケン村なんかに行ったら、人間として、おしまいだ。


天国への道は、いばらで出来ている。地獄への道は、善意で舗装されている。
また、この言葉を想い出しました。

「派遣村なんかに行ったら、人間として、おしまいだ」と答えた人には
たとえ、いまはどん底の生活をしていても、人間としての「気概」があります。
一見やさしく見える派遣村。
しかし、そこに行ったら最後、働く意欲をなくしてしまう。
一冊につき、たった百数十円の収入でも、街頭に立って雑誌を売る、という努力を
身に付けて得た生きる力を、みすみす、甘い汁にだまされて、失いたくない。
そんな気持ちからの答えだった、と思います。


自己責任の原則を、端から放棄し、「依存心」、果ては「たかり」の精神で
やれ不況のせいだ、政府のせいだ、
だからなんとかしてくれ、俺たちかわいそうなんだ、
と叫んでいても、結局、本当の意味で自分を助けるのは、自分しかいません。
(政府などがある程度の救済策は考えるべきだ、という前提で)

不況の中、いまこそ求められているのは、企業家精神。
企業家精神とは、簡単に言えば、すべて自己責任と捉え、自助努力を惜しまない心。
経済学者シュンペーターは、「最初に必要なのは、意志の力」と言ったそうです。



さて、ブログに復帰です(^^)
このままやめちゃうの?や、誕生日に寄せてのお祝いメッセージや、
なぜか知らんがこのタイミングで「あの番組に帰ってきてください」という
メールを下さった方もありましたが(急に寂しくなったのかな?^^)
諸々、ありがとうございました。

専念しなくてはいけないこと、いまのところ、秋まで続きます。
もちろん、仕事も「天使のモーニングコール」をはじめ、
他にも色々な形で取り組んでいますので、「すべて」に専念しているのですが。。

ブログに関しては、余裕のある時、ペースも気まぐれ、になりそうですが
続けていこうと思います。よろしくお願いいたします。

※写真は、先日行ってきた、新潟にて。
白鳥です。シベリアからはるばるやってきた姿、初めて観ました。



  • 2009.02.01 Sunday
  • 01:29

thought

「夢の未来へ」

 
今日も素晴らしい一日を与えられました。

誰もが「明るい未来」を描くことが出来るような社会を、夢見ています。

 ☆
あなたの役割は、どこにあるでしょうか。
どうか、そのステージで、
天分を、過去の努力を、実績を、生かして、輝いてください☆
努力をお続け下さい。
 ☆
信じてみてください。
自分を、相手を、世の中を。。。
(根本でつながる大いなる存在もね^^)
 ☆
自分にも、他人にも、世の中にも、足らざるところが感じられたら、
それを埋めるために「自分に何が出来るか」考えてみると、
すべきことが見えてきて、「時間」を「命」として上手に使えるようになるはず。
 ☆
「太陽は夜明けを待って昇るのではなく、自ら夜を明かすために昇るのである」

太陽は自分。太陽はあなた。素敵な一日を♪

雨降る東京より
  • 2008.12.14 Sunday
  • 09:14

thought

霊能師の限界と正しい霊界知識Part2

 

「霊能師の限界と正しい霊界知識」の続きです。

真理を説く。
霊的人生観を説く。
宗教の大事な仕事です。 
本当は、霊界(あの世)のことを抜きにして、真の悟りはありえないのです。
全宇宙の創造主の存在を無視して、真理は語れません。

宗教の正邪を見分ける方法は、意外に簡単です。
その教えを世界中の人々が信じ、その教えに則って生きたら、世界がどうなるか?
これを想像すればよいのです。

なぜ、宗教間の争いがあるのか?
それは、宗教に対する認識が狭い、或いは低いからです。
神々にも次元があります。地域などで棲み分けもされています。
「民族神の域を出ない神」を世界規模で信仰させようとしたら無理が出ます。
そんな背景の争いもあります。
でも、さらに言えば、
神々を司る最も偉大な存在があるのです。これが根本神(根本仏)です。
全宇宙の創造主。



生命の大樹、宇宙の大樹と呼ばれる、一本の樹を思い浮かべてください。
本来、その根元は一つです。幹から分かれた数々の枝は、民族。
民族を分けるものは、宗教。葉っぱは、人々(魂=たましい)です。
お隣同士、近い葉っぱ同士は、ソウルメイトといってもいいかもしれません。
根っこは一つ。中心帰一なのです。

ここで霊界知識の一つとして、「裏側の世界」の話をします。

霊界は、次元構造から成っています。
四次元、五次元、六次元、七次元、八次元、九次元,,,と「高低の次元」があります。
どの次元にいるかは、その人(魂)の「悟りのレベル」で分けられるようです。
人間は、地上での様々な経験を通して魂を磨き、高次元の悟りを目指している、
とも言えます。

この霊界に、「裏」と呼ばれる世界があります。
魔法界、仙人界、ヨガ界、天狗界といった世界が、裏側の世界です。
なんとなく想像できますか。
(ハリーポッターや宮崎駿さん監督の映画などで描かれている世界とも似ている)

神の教えを学ぶ姿勢を置き去りにして、
神通力や超能力で霊現象を起こして自慢したり、念力合戦を繰り広げている。
愛や悟りを無視して、力自慢をする、謙虚さに欠けるのが、ここの住人の特徴だとか。


私には、占い師の友人も複数います。
占いは、楽しいものであってほしい、と思います。
占い師達は、占いが「当たる」ことに快感を覚えます。当然ですが^^;
そう、「占い」は「当たる」「当たらない」の域を出ません。
占いをみてもらう側の人達は、
教えてもいない自分の事情や性格を、さも見てきたかのように当てられると、
それだけで興奮します。そして、「信じちゃおうかな・・・」と思います。

霊能師の場合も、似ています。
前世をリーディングしたり、その人に憑いている霊を見分けたりすることで、
そこに現在の境遇の理由を求めたりして、おまけに予言までします。
みてもらう側の人達は、自分に見えないものが見えていることに対して
「尊敬」さえ覚え、「人生の指針」までもを霊能師に求めます。

こうした占いや霊能力礼賛のような世界は、「裏」に通じています。
注)地獄ではありません。

ほんとうは、人間の本質は魂であり、霊的存在なので、みんな霊能力を持っています。
ただ、そんなに簡単に使えたら、この世での修行の意味がなくなります。
封印されているのが普通です。
霊能力を使って生きるのではなく、
肉体に宿った存在として、地上で様々な試練に遭いながら、
魂を磨き、死んだらその悟りの次元に還る。
これを繰り返しながら(つまり転生輪廻)、さらに高い次元を目指して修行を重ねる。
無限の発展、無限の悟りの階梯を歩きながら、神に近づいてほしい、
これが、根本神が願われている人間の姿です。

地上に、ある時代ごとに偉大な宗教が説かれるのは、
「辛いことも苦しいこともあるでしょう
神の教えを指針として生きていきなさい」
という、根本神からの大きなプレゼントなのです。

占いぐらいで当たった当たらない で楽しんでいるならいいのですが、
霊能力礼賛になって、それを指針にしてしまうのが危険、という理由が
おわかりでしょうか。

ここで説明しきれるほど、根本仏が創られた世界は狭くありません。
霊界も広く、複雑です。
そうした神の御心と教えを信じて学ぶ姿勢を経ずしての霊能力乱用は、
人を惑わすことにもなりかねないのです。

又、たとえば、「あなたには戦死した兵隊の霊が憑依している」
と霊能師に言われたとします。
本当に憑いているのかもしれません。
でも、不成仏霊を引き寄せているのは、自分の心に原因があるからです。
心に原因がない限り、憑依しません。
でも、日常生活の中で、ついイライラしたり、人を責めたり、恨んだり、
嫉妬したり、色情に狂ったり、そんなよすがはたくさん転がっているし、
誰もがそうした悪い心境に陥る可能性を持っています。(波長同通の法則という)
だから、それを改める指針も、宗教が説いている。これも大事な仕事です。
他人の霊能力に頼らずとも、教えに則って自分の力で、人生、変えられるのです!

さらに、
善悪の基準、
生命とは何か、
なぜ人は生まれ、死んでいくのか、
これらは、倫理や哲学では説ききれません。
宗教の大事な大事な仕事です。

根本を知らずしての、力自慢は、人助けにはほど遠い。
そう、思います。


追伸
私は霊能力者でもなんでもなく(当たり前か^^;)
真理を学んでいる途中の微力な人間の一人です^^;

以上の真理知識のもとは、仏法真理の書籍の数々から学んだ内容です。
特に興味のある方は、「太陽の法」「永遠の法」「生命の法」をおすすめします。
神の世界を探究する姿勢にも「科学的態度」があるのです^^

  • 2008.12.03 Wednesday
  • 17:29