Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

enjoyed

紅葉の那須

先日、大切な方にお会いするため、
紅葉の美しい那須に行ってまいりました♪

雨にけむる色とりどりの木々の葉。。。
雰囲気がありました。。。悪くない(^^)
りんどう湖ロイヤルホテル最上階レストランからの眺めです。

車を走らせ(私は助手席^^)さらに自然豊かで美しい場所へ。

ワイパーのかかるフロントガラス越しの紅葉です(^^)


しっとり潤いを纏った紅葉、気に入っちゃいました。

これでも、もうすでに終わりを迎える紅葉の姿だそうで、
もう、今日あたりは、雪? 
数日前にいただいたメールには、そう書かれていました。

さて、今夜はライブに行ってきます。
どんな音楽、聴けるかな?
楽しみだな〜 弾けてこよっと♪

  • 2008.11.21 Friday
  • 15:49

enjoyed

「野菜彫刻」

 

それはそれは名だたる方々が、
まさしく”セレブリティご夫妻” の「金婚祝いの会」に集まりました。

会場は、某有名ホテル高級中華レストラン。

舌も目も肥えたみなさんをお出迎えしたのが、こちら。
ここまでの大作をご覧になったのは初めて、という方がほとんどでした。

野菜彫刻

左:牡丹の花&鳳凰 (大根とニンジンで出来ています^^)
右:龍(手前 ニンジン)&鶴の群れ(大根)

翼の脈ひとつひとつまで、丁寧に精巧に出来ています。
花びらも、一枚一枚、決してあとから貼り付けているわけではないのです。
一本の大きな大根やにんじんから、こんなにも立派な動植物が生み出されます。

日本で野菜彫刻の第一人者として有名なこの方がその場でパフォーマンス。


董(とう)さんです。
笹の葉が立体的な竹、羽根を休める白鳥、
そして董さんがいま作業中のにんじんは、
このあと、「見事なウロコの金魚」に生まれ変わりました。

野菜を見て、
頭に浮かんだものを、
一本の小さなナイフで、
何も見ずに彫っていきます。

すでに頭の中に、動植物たちの姿が、鋭い観察眼でインプットされているよう。
間近で見ることが出来て、貴重な体験となりました。

よりによってデジカメを忘れてしまい、古い携帯電話の写メ(><)








  • 2008.11.09 Sunday
  • 13:13

enjoyed

I LOVE MUSIC♪

新人アナウンサーの頃は、登竜門の「リクエスト番組」を担当。
たしか、中高生のリスナーが多く、正直、みんなのメッセージと
どう向き合っていいか、よくわからないまま喋っていました。
きっと私は「となりのお姉さん」的存在だったのかなあ。

翌年からは、「ニュースワイド」を担当したい、と直談判。
辞めるまでの二年間、毎朝続けていました。

富山の冬の朝。
その寒さは、当時体重38キロしかなかった私には堪えたけど、
やりたかった番組を担当できた喜びで、夢中で挑んでいたっけ。
外が暗いうちからスタジオ入りして、
新聞全紙&NYタイムズ(無理言って会社にとってもらってた。背伸びしてたな〜)
&共同通信&読売&地元紙の記事やニュース原稿と格闘し、
つたないながら必死で生放送2時間を綱渡り。。。

社会のことなど、まだな〜んにもわかっていない小娘の声を、
当時、おとなの皆様はよくぞ大きなふところで聴いていてくださいました。
いま想い出すと顔から火が出そうなほど恥ずかしいけど、感謝しております。

ニュースに携わっていたかったと言っても、
私が務めていたのは、なんだかんだ言って「音楽」なしでは成り立たないFM局!
結局、東京に戻ってからも、喋りの舞台はFM局。
2000年以降、音楽には全く携わっていないけど、ふつうに音楽を愛しています。
仕事で関わらない分、自由に聴けて、嬉しいかも。

ということで、これまで、
たくさんのミュージシャン、たくさんの音楽と出逢いました。

ニュース番組の一方で、週末は、洋楽ヒットチャート番組を試行錯誤で制作。
想い出深いな〜
洋楽にかなり詳しくなった時期でした。

ちなみに、私は当時のディレクターの影響をもろに受け、
AOR(アダルト・オリエンティド・ロックと呼ばれていた!懐かしい!)が
好きでした。
ボビー・コールドウェル(先日、来日していましたね)、
スティーリー・ダン、ボズ・スキャッグスなどなど。。。
やっぱり「声フェチ」かも(^^) ヴォーカルに最も惹かれます。

原点、富山。
それまで、縁もゆかりもなかった土地で、
お世話になった皆様、リスナーの皆様に改めて感謝なのです。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

なぜ、そんな昔の話を書いているかというと、
昨日、打ち合わせした女性が富山のご出身で、私の番組を聴いていた?!と判明。
いろいろ想い出しちゃったのです。


☆  ☆  ☆

秋になると、急に聴きたくなるのが、ドナルド・フェイゲン♪
いま、名曲「IGY」を聴きながら書いています。


かっこよすぎ! 渋すぎ!

(実はここひと月半、BGMはずっとクラシックだったのですが)

  • 2008.10.27 Monday
  • 14:36

enjoyed

街角アンケートに遭遇

 昨夜、雨の中、渋谷の街を一人で歩いていると、、、
おそらく二十代、なんだかとってもカワイイ男性に呼び止められました。
残念ながら、今回は、ナンパじゃありません(^^;)

「朝日新聞ですけど、アンケートにご協力いただけないでしょうか」

雨の中、頑張ってるし、カワイイから答えてやるかっ(ウオ〜不純っ)ぐらいの気持ちで
受けて立つと。。。

「前回の総選挙は行かれましたか?」
「どの政党に投票されましたか?」
「今度の総選挙には行きますか?」
「どの政党に投票しますか?」

ポンポンと投げられ、バンバン答えていくと。。。

「ここからはクイズなんですけど」
??????と思ってる間に、質問。。。
(以下、若干、表現が違いますが、要はこういうことをきかれました)

「衆議院議員と参議院議員の任期を足すと何年?」
「衆議院議員は(  )制、参議院議員は(  )制で選ばれる?」
「衆議院議員に立候補できる年齢は25歳、参議院は何歳?」
「国会議員の公設秘書は何人まで雇える?」
「蟹工船ブームで人気が盛り返した政党は?」
「自民総裁選で、増税策を打ち出している候補はだれ?」

などなど、十個ぐらいのクイズが次々出されました。

いやはや、答えるものの、中学の教科書で習ったでしょ!というものまで、
三分の一ぐらい、自信なしのアタシ。。。
これでも、アナウンサーです!
報道って名の付くとこにもいました・・・
ニュースが好き、新聞が好き、って思ってたんですけど〜〜

総裁選を前に、どれだけ選挙や政治に自分が参加している感があるか、
みたいなことを新聞社は見たかったのでしょうか。

一応、だいたい合ってはいたけど、おぼろげな自分を自覚。
なさけなや〜〜〜・・・

そのカワイイ男性(←ここ、大事。カワイくなければ立ち止まらなかった)は、
「貴重なお時間、すみません」って何度も言っていましたが、
私、「いや〜自分のバカさ加減がわかって、楽しい!」って
妙に盛り上がってしまいました。

さて、日曜日と明日の秋分の日に挟まれて、普段の月曜より車の数が少ないように
感じます。みなさん、何してらっしゃるかしら。やっぱりお仕事か(^^)

☆ ☆ ☆
ところで、上のクイズ、こたえ、お知りになりたいですか?(^^)


  • 2008.09.22 Monday
  • 12:06

enjoyed

赤レンガ倉庫&中華街

 
海上保安庁の巡視船「しきしま」。「海猿」を想い出します。
「赤レンガ倉庫」の海に、停泊していました。
雨雲の下ですが、カッコいい。


今日は、仲良し家族と我が家と一緒に、横浜へ。
以前にも登場したレオ(2歳)の家族で〜す。
彼らの車に載せて行ってもらいました。
エビ&ちゅるちゅる(麺類)が大好きなんだ、レオ。
曇り空で、空を映す海の色も暗いので?レオは「こわい」「こわい」^^;
でも「しきしま」には、「乗りた〜い」(乗れません。将来、海猿になるかい?^^)


赤レンガ倉庫で、子ども向けのお洒落なおもちゃを売る雑貨屋さんで、
思わず大人の私がくぎづけになってしまったのが、コレ。

カラフルで手触りが独特!むにゅむにゅ、してるんです。
インテリアに!と、衝動買い。(ブランド名はRubbabu)

エビ食べに行くぞ〜、オ〜ッと、また車に乗り込み、中華街へ。
台湾人のおじによく連れて行ってもらっていた高校生の頃までは、
どこのお店の何が美味しい、とか知っていたのに、いまは中華街も様変わり。
さっぱり、わかりません。きのうなんか、ガイドブック買っちゃったもの^^;
横浜出身で横浜のガイドブック買うって、、、

結局、以前に取材したことがあり、私たちの結納がわりにも利用したお店、
「菜香新館」で、夕食。
食べ足りなくて(苦笑)ごまだんご、肉まんなど、道ばたで買いました^^
はるちゃん(レオのママね)が「揚げたてが美味しいから」と、
私たちのために「えびせん」=自分で揚げて食べるタイプ=を買ってくれました。

明日、ちょうどお客様があるので、出してみよう〜
手前右は、仲秋の名月のときしか作らない、月餅です。
卵黄が入った、ごまあんの月餅。& 左が鉄観音(茶葉)。

ヨーロッパじゃなくて、中国へ行った金曜午後でした〜♪

  • 2008.09.19 Friday
  • 23:46

enjoyed

野田一夫さんの講演

来月、ピーター・F・ドラッカー関係の研修を受けるため、
ちょっと前から予習のためにドラッカーの著書を何冊か読んでいます。

今日(17日)は、そのドラッカーを日本に最初に紹介した野田一夫さんの講演を
聞きに行きました。

その前に、ドラッカーのことは、皆さん、ご存じでしょうか。
経済界、経営者の方には説明不要の経営学者。
「マネジメント」の父と言われています。(1909~2005没)

野田一夫氏は、ドラッカーの友人でもあり、翻訳本も多数。
又、大学改革でも知られる経営学者。81歳!その年齢には全く見えません!
旅行業のエイチアイエス沢田社長やソフトバンクの孫氏なども師事しています。

今日は「逆境下の日本、経営者の条件」というテーマでの講演でした。
内容を全部出すわけにはいきませんが、落語のような見事な間合いと笑いを交えた
講演は、あっという間で、中身の濃い充実した内容。若干、興奮気味で帰宅。

〜戦後最長といわれた好景気も急にこのところ厳しいと言われているが、
戦前から日本を見てきた私(野田氏)にとって、不況なんてたいした問題じゃない。
不況なら日本は過去何度も経験してきた。今回だけが深刻なわけじゃない。
いつの時代も、経営者は苦難を経験するものだ。〜

という話から始まり、
同時期に経済成長を遂げた日本とアメリカの違い、
この時代にあって現在の日本が持つ本当の資源とは何か、という話、
今後、人材育成にあたり、日本企業は何を頼りにし、何を大切にすべきか、など、
アメリカの近代化のきっかけとなった南北戦争の背景も交えてのお話は、
新鮮な視点でどんどん引き込まれ、ノートもとりやすい内容でした。
(ノートにとりやすいお話って、わかりやすいお話であることの証拠だと思う)

個人的に「なるほど〜」と唸ったのが、
「日本は、自分たちが苦労したとばかり言うけれど、果たしてそうか?
 そこに自虐的傾向が見られる。日本では、明るく振る舞うと、中身の薄いヤツと
 見られてしまう。しかし、みんな苦労してるんだ、いや、みんなのほうが苦労
 してるんだ、という考え方のほうが、今後、世界とうまく付き合える」という点。

野田さんは、家庭崩壊、学級崩壊という問題を憂えていらっしゃいましたが
日本は日本語が通じ、風俗も同じ同士で、結束しやすい、
コミュニケーションをとろうと思えばとれる余地がある、ということ自体が
現在の日本の持つ唯一の資産である、とおっしゃっていました。

野田一夫さんサイト
☆  ☆  ☆
講演会場となった宇都宮から、帰りはちょうどUターンラッシュのピーク・タイム。
混み合う新幹線は、車両間のデッキに立ちっぱなしでしたが疲れは残っていません。
東京駅では、「東京バナナ」と「ごまたまご」というお菓子を買う人の行列が
すごかったです。

みなさんも、お盆休み終了?
今夜は秋のように涼しい風が吹いていました〜
  • 2008.08.18 Monday
  • 01:18

enjoyed

花火と料理

今夜は、何年かぶりに見る、多摩川花火大会でした。
といっても我が家から。見えるのは、こんな感じ。。。うまく撮れない><;

去年はたしか東京にいなくて見なかったような・・・(忘れた)
正確には我が家の部屋の窓からではなく、玄関出た廊下から。
(以前は、同じマンションの違う部屋に住んでいて、そこからはしっかり見えたので
友達を呼んで、花火鑑賞パーティーを何度か催していました。)

ご近所は、みなさん帰省されているか海外?のようで、
意外と、この最も近い花火大会を見ているお宅は少ないようです。
雨雲がたれこめていたのでどうかな〜?と心配でしたが、お天気保ってくれました。
午後9時半現在、夜空は、花火に変わって、また巨大なフラッシュのような稲光。
ひと雨ありそうです。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆
さて、この夏は、料理のレパートリーを増やすことも課題に追加!

週末の仕事がほとんどないため、気持ちに余裕が生まれている!ので、
「料理を楽しむ」という、最も苦手で最も憧れる生活にシフトしているのだあ〜(^^)

実は、シェフ(夫)が、締め切り仕事を複数抱えて余裕がないため、
義母と二人で仲良く、毎食、作ってます! 
ここだけの話、義母、この私よりも、料理の心得、なし。(暴露〜〜!)
これぞ、迷コンビ。
ただ、私の舌は、お抱えシェフ(夫)と外食のおかげで、かなり肥え、
再現しようと思えば出来ないわけではないので、なんとかなっています(怪しい?)

向坂せんせ☆のブログで紹介していた「お洒落ピクルス」にノックアウトされて
作ったことが1つのきっかけになり、「彩りも美しくバランスのとれたお料理」
作りたい欲求が生まれ、いろいろチャレンジ。
で、今夜は、栗原はるみさんのレシピにトライ。

「鶏と夏野菜の揚げ浸し」です
(もう一つ写ってるのは、もやしの豆板醤和え)

あれ〜、こういう料理の写真を載せちゃうって、
私が私でなくなったみたいでちょっと違和感???
ま、進化途中の私を見守ってくだされば、ぐらいの気持ちで、、、

改めまして、自己紹介です
白倉律子。既婚。
特技:「仕事」(独身時代「仕事と恋愛」と答えていた。
        さすがに結婚後、後半は削除。)
苦手なこと:「料理」「貯金」(でも、株やってますけど、なにか?)
がんばれ!自己変革!
  • 2008.08.16 Saturday
  • 21:23