Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

enjoyed

押忍!

もはや信じてくれる人はいませんが(^^;)、大学時代、体育会でした。↓
さらに信じられないとは思いますが、女子主将でした。↓
んでもって、何のスポーツかというと、バドミントンでした。↓←三段落ち。どこが?

自分でも信じられないほど、下手くそでした。
つーか、こんなに私の性格に合わないスポーツを、なぜ選んだのか?
大学初心者で。サークルじゃなくて体育会で。。。
そこが自分でも、いまだによくわかりません。^^;
主将なのに試合出られなくて、選手のオーダー決めてたんですから><;

1つ上の先輩方が粒ぞろいで、三部リーグ一位になり二部昇格決定戦まで行き、
惜しくも敗退、という試合も見ています。
いい試合をナマで見られるのが、いちばんいい経験でした。
又、新人戦?だったかな〜
私たち新人ダブルスの対戦相手に、日本女子体育大学の選手が当たっちゃって、
当然ボロ負けだったのですが、試合感覚とか上級者のにおいとか、色々学べました。

あと、クラブ以外に、元・全日本チャンピオンの小島一平さんのクラブを訪ね、
直接教えていただいた時期もあり、自分ではがんばったほうなんだけど、
やっぱ上達せず。。。
ラケットは、つい数年前まで、我が家で布団たたきに使ってました。とほほ。

☆  ☆  ☆

北京オリンピック、女子バドミントン・ダブルス
オグシオが注目を浴びていた一方で、
やってくれたのが、末綱聡子、前田美順 選手
試合運びを見ていると、この二人のほうが、断然うまかったと思います。
(オグシオの対戦相手の中国の選手たち、って、アレ、男性じゃね???^^)
きょうは、韓国に負けてしまったけれど、
世界ランキング一位の相手に勝利、という快挙を成し遂げたお二人に、
心からリスペクト!

☆  ☆  ☆

北島は、平泳ぎの革命を起こしましたね〜 
もはや、これまでの平泳ぎじゃないもの!あの新泳法〜ほれぼれ〜〜〜
世界中の人が、北島の泳ぎを研究に来ているそうですね。
いよいよ、明日、200メートル決勝です。

コウスケしか見てないわけじゃないですから^^;
柔道も、男子体操などなども、たくさん感動もらって応援してます。
フェンシングもすごいですね!

きりがないからこの辺で〜〜〜




  • 2008.08.13 Wednesday
  • 21:18

enjoyed

pig nose ginger(^0^)


わあ〜、ベイがブタ豚に変身!?

・・・実は「しょうが」でした~(^^)



少し、息抜きになりました?
金曜午後、あと一息踏ん張れば、週末ですね。
私は貴重なオフ、お昼前まで寝ちゃいました。午後、大切に過ごそう。
素敵な一日を!
  • 2008.06.27 Friday
  • 12:48

enjoyed

いちゃりばちょーでー

3年前、番組の公開録音で、初めて沖縄に行きました。
その際、「慰霊の日」である6月23日を前に、祈りを捧げました。

エメラルドブルーの海と波の音、爽やかに吹き渡る風の心地よさ、
地元の方々の深い瞳、人なつこさ、明るさなど、忘れられません。
また行きたいな。

戦後60年以上。
きれいな海と空は、リゾート気分を味わうだけでなく、
戦争と平和を考える機会も与えてくれます。
沖縄は、日本で唯一、先の大戦で血がたくさん流れた土地。
その悲しみを、カチャーシーや三線の音色で明るく乗り越えてきた彼ら。
「多くを語らない人」と、「語り継がねば、と活動する人」と、二つに分かれるそう。

ある方が、あのBEGINの名曲「涙そうそう」の解釈をこう語っていました。

〜沖縄の人たちは、戦争でのつらい経験を、笑顔の下に隠してきた・・
明るい笑顔、カチャーシーの賑やかな踊り、三線の音色で乗り越えてきた・・
でも、そろそろ、涙流して泣いてもいいんじゃない?
泣いたっていいんじゃない?という思いで作られた曲なのだ、と受けとめ、
救われた気がする・・と。。

沖縄は、みんなが家族みたいでした。
よく「家族みたいなつきあい」という言葉はきくけれど、
近所の子供達が、よそのおにいさん、おねえさん、おかあさん、おとうさんに
なつっこく、まとわりついたりしてました。
「(そちらの子、)あなたのお子さん?」って訊ねて
「いえ、僕まだ独身です」って苦笑いして応えられた方も数人。失礼しました(^^;)

公開録音に来て下さった方々は、それはもう盛大に迎えて下さり、
三線の音色で奏でる「てぃんさぐぬ花」で歓迎を受けたのですが、
どこか懐かしい響きとぬくもりの音の運びに、心がどんどんほどけていったっけ。
そして、「カチャーシー」。
これは、なにかおめでたいことがあると土地の人がゲストも巻き込んで踊る踊り。
徳島の阿波踊りを彷彿とさせる、朗らかで楽しい踊り。
恥じらいなどどこへやら。みんなの誘導で、いつのまにかノリノリでした(^^)

そして、教わった言葉が、「いちゃりばちょーでー」。
「一度出逢ったら、みんな兄弟」という意味。「チョーデー」が兄弟の意。
一度逢ったら兄弟=いちゃりばちょーでー
素敵な挨拶ことばです。

そう、あなたも私も、いちゃりばちょーでー♪
悲しみを乗り越えてきた人達の、屈託のない笑顔を想い出すと、元気、出ます。
  • 2008.06.25 Wednesday
  • 02:00

enjoyed

新スポット、ご案内いたします

さあ、ここはどこでしょう?
すこし横へ移動さらに横へ。こんな感じエレベーターを覆うシールド
反対側へ行くと下をのぞけます
安藤忠雄さんの建築は、本当にワクワクしますね。
「宇宙船ならぬ「地宙船」を駅構内にまるごと埋めちゃいました」と、
テレビで話していらっしゃいましたが、本当だ(^^)
こんなイメージ写真も、透明な柱に施されていました。

世界でも類を見ない、自然の対流現象を利用した「自然換気システム」を採用。
とってもエコな駅なのだそうです。
立っていると、どこからともなく風を感じました。
それも地下鉄独特のあのイヤな風ではありません(^^)

副都心線・新・渋谷駅。
池袋・新宿・渋谷を1本につなぐ池袋−渋谷間の8駅が6月14日開通しました。
明治通りの下を走ることになるそうです。
これまで新宿や渋谷に出るために有楽町線、JRを乗り継ぐ必要のあった乗客にとって、乗り換えなしで都心に出られる新たな可能性を生むことに。。

私は東横線利用者。2012年には、東横線との相互直通運転もスタートするそうです。
いろ〜んなところとつながる楽しみが・・・あらゆる方向へ広がっていました〜

  • 2008.06.19 Thursday
  • 23:35

enjoyed

イラストレーター ミウラナオコさん

水曜午後、ギャラリー・デートへ(^^)

原宿「アート・イン・ギャラリー」で開催中の
イラストレーター ミウラナオコさんの個展「Not Alone」。

テレビCMや広告など、あちらこちらで、
心がほっこり丸くなるミウラさんのイラスト、
みなさんも、目にしていることと思います(^^)

アート引越センターやキャノンEOS Kiss、三越、高島屋などなど、
そのご活躍ぶりは、ミウラナオコさんのサイトで確認してみてくださいね。

新たに個展のために描き降ろしたという作品の数々。。
細いラインで描かれるミウラさんの世界には、たくさんの形容詞が浮かびます。

可愛らしい。
やさしい。
あったかい。
きもちいい。
やわらかい。
ふわふわ〜・・・
そして、透き通るう〜〜・・・

このギャラリーは初体験でしたが、とっても素敵で、お気に入りスポットに。
白を基調とした明るい空間で、横に広い窓ガラスは、前の小径を通る人々を
まるで額縁の中に描いたように写してくれて、、、。

東京はまた明日から梅雨のお天気になるそうですが、
心を晴れにしてくれること請け合いの、ミウラナオコさんの世界に、ぜひ!

こんなカッコいい方です。




  • 2008.06.18 Wednesday
  • 23:59

enjoyed

丑三つ時に書いております(^^;)

いやはや、久々に、最終電車に間に合うか、ひやひやした帰路でした。
仕事のあと、三鷹で落語を堪能。(柳家さん喬一門会)
腹を抱えて笑った後、三鷹にある雰囲気のいい飲み屋さん(「酒豪のつどい」って
看板にはあったけど私はウーロン茶で通しました。場違いな客?)で話し込み。。。
気付いたら、家まで帰れるかどうか?瀬戸際の時間、午前零時ちょっと前!

慌てて店を飛び出し、中央線に飛び乗り、
ケータイの乗り換え案内サイトでチェックした時間より一本分余裕で、
東横線の最終電車に間に合い、帰ってきました。

帰宅後、夫婦それぞれ一日の出来事を報告しあったりしてお茶をすすり、、
ただいま、丑三つ時でございます。

おやすみなさ〜い

(って、これ皆さんご覧になるの、新たな一週間の幕開け月曜ですよね?
 なんだか、シャキッとしない内容ですみません^^;)
  • 2008.06.16 Monday
  • 02:20

enjoyed

素敵なピアノデュオ♪

梅雨の晴れ間。東京、久々にまぶしい朝を迎えました。
休刊日明けの朝刊一面は、秋葉原の事件。
きょうのお天気、せめて晴れてくれてよかった。。。
お出掛けの方、どうぞお気をつけて。。。
私も今日は渋谷や新宿などかなり混雑している街を通っていきますが、
道行く人たちの心が、平安でいられますように。。。

週末、素敵なピアノデュオ(連弾)を楽しむ機会に恵まれました。

藤井隆史さんと白水芳枝さんのピアノデュオ「Deu'or」の生演奏♪

隆史さんが七年半在住したドイツをはじめ、世界各国で活躍するお二人。
ピアノの前に2つ並んだ椅子を見ただけで、これから始まる音に期待が高まります!

演奏が始まると、、、会場全体が一気にひきこまれました。
(ガーシュ「プレリュード」ショパン「大洋」ブラームス「ハンガリア〜5番」略表記)
表情豊か! 質の高い、安定感の上にのせられた躍動と調和!
夫婦じゃなければ奏でられないでしょ〜!な、ぴったり合った呼吸!
素晴らしい演奏に、私をふくめ、感嘆のため息がたくさん漏れたあと拍手喝采♪

この日の主役は新郎新婦だから、と、抑えめのMCがまたとてもスマートで。
隆史さんが新婦の実のお兄様なのでした(^^)

私が所属している事務所は(アナウンサーとしてはフリーで活動していますが)
実は司会者というより、演奏家を抱える事務所なのです。
だから、運がいいと、同じ事務所の演奏家の方達のピアノ、チェロ、バイオリンなど
生演奏のBGMをききながら仕事できるのですが、耳も肥えてくるわけですね(^^;)
上質かつ心のこもった音色に、しばし幸福を感じ、祝福のお手伝いが出来たことに
またまた感謝する週末でした〜

Due'or ←ライブ情報などは、是非サイトにアクセスしてみてください。
  • 2008.06.10 Tuesday
  • 10:58