Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

thought

学問も芸術も・・

 
10月に入りました。
なかなかブログアップの時間がとれず、いつも寄って下さる方、すみません。

今日の東京は、太陽の光が燦々と降り注ぎ、爽やかな朝を迎えました。

さあ、今月はどんな日々を奏でましょうか?

写真は、先日手に入れた「コンコーネ」(中声用 50番)。

簡単に言うと、発声の 練習曲集 です。
私は小学生の頃、合唱隊に入っていて、発表会では独唱をしたことが。
又、アナウンサーになってから、あるアーティストの方と番組用の曲を一緒に歌い
レコーディングした、なんて経験もあるのですが、、、
なんと、

楽譜が読めません!(^^;)

去年から師事している森田克子先生に言われて、こちらを購入。
次回から、このコンコーネもレッスンに加わります。
楽譜を見るとすぐ苦い顔をする私に、森田先生は、
「そんな顔しない!苦手だなんて言葉にしない!
 いまから覚えればいいだけのこと!」。。。
これ、全ての苦手意識を持つ科目に言えますね。。。
いまから覚えりゃいいんだ!よっしゃ。
何分の何拍子、何小節、という決めごとは、その曲の「骨格」なのですね!
ああ、なんて素晴らしい発見なんでしょう☆楽譜って。(いまさら^^)

☆  ☆  ☆
全ての学問、芸術は、神の創った世界を追究する作業だと思っています。
数学も、物理も、音楽も、絵画も、科学技術も、
どこまでも、どこまでも、神の創りし美しい世界を、あらゆる角度から辿り、
理解した次元であらわしてるものだ、、、と。
人間の理解を超えた先がまだまだあるので、追究は無限に続く、と。

だから、時に、楽譜は、数式のようにも見えることがあるのです。
そこにあるのは、宇宙なのです(^^)

(あ〜ん、数字も苦手だけどね!)

みなさんの一日が、調和と美で奏でられる
素敵な一日となりますように♪

☆  ☆  ☆

追伸:森田克子さんの出演される「朗読ミュージカル 山崎陽子の世界」
10月30日&31日 大井町きゅりあんホールで 開催されます。

追伸その2.歌手を目指してレッスンを受けているわけではありません^^;
     ナレーションの表現力や身体の使い方をもっと「追究」しているのです^^;



  • 2008.10.02 Thursday
  • 11:08

thought

第二の人生が始まってしまったんだ。。。
と感じる今日この頃。

私は、天使達の教育プログラムによって「使命遂行人」になるべく
厳しい指導を受けている感覚なのです(^^)

こと時間において、矢継ぎ早に問いかけられます
(自問自答している、ぐらいに思って)。

いま、なすべきことは何?
それ、何のために必要?
無駄なこと、してない?
いつまでにどんな成果を出すの?
いつ、やるの?早くやりなさい
その愛が本当なら成し遂げられるよ

残りの人生、一分一秒たりとも無駄にさせまいと、
時間の浪費家だった私を生まれ変わらせ、逐一、確認されている感じが心地よいです。

(なんだか、いっちゃった表現でごめんなさい)

「時間に対する愛情ある配慮ほど、成果を上げる者を際立たせるものはない」

「成果をあげるための第一歩は、現実の時間の使い方を記録することである」

(P.F.ドラッカー「経営者の条件 第二章〜汝の時間を知れ」より)

☆  ☆  以下、昨日のブログのこたえです(^^) ☆  ☆

「衆議院議員と参議院議員の任期を足すと何年?」→10年
「衆議院議員は( 小選挙区 )制と( 比例代表 )制で選ばれる」
(↑前日のブログで、質問内容が間違えておりました。お詫びして訂正します)
「衆議院議員に立候補できる年齢は25歳、参議院は?」→30歳
「国会議員の公設秘書は何人まで雇える?」→3人
「蟹工船ブームで人気が盛り返した政党は?」→共産党
「自民総裁選で、増税策を打ち出している候補はだれ?」→与謝野さん でした


  • 2008.09.23 Tuesday
  • 23:46

thought

突然の政権放棄

 去年の安倍さんの辞任と二重写しにも見える、突然の政権放棄。

一人の首相の任期が、2年と持たない。
それだけ、日本という国が大きくなっている証拠とも言えそうです。

9月の臨時国会を前にして、
自分が総理だと、思うように国会が進められない、との判断からであること.
 &
思うように進められない最大の原因となっているのが、民主党・小沢さん、
小沢さんは国政を麻痺させる戦略...

この2つの共通点が、安倍さん辞任と福田さん辞任を、二重写しに見せます。

但し、去年の安倍さんの辞任とは違う点は、
今回、福田さんの悩みの種が、小沢さんだけじゃなかった、ということ。。。
公明党です。
洞爺湖サミットで、各国に約束した「インド洋上の給油を続けること」に対して、
「平和!」と叫ぶ公明に反対された、なども背景にあるようです。

それから、さらに違う点は、
安倍さんには確固とした信念で描いている国政ビジョンがあった、ということ。

福田さんは、ワンポイントレリーフ的存在だったのかもしれません。
小沢さんと対話して「大連立」を狙う際の。
だが、失敗。(ほんと不気味だ、小沢さん)

☆  ☆  ☆

国際平和。誰もが願う理想です。
でも、平和実現のためには、智恵をもって世界を見渡すことが必要です。
我々が、ただ「平和を」と言い続けていたら、平和になるのか。

8月8日、世界の祭典、北京オリンピック開催日に、
ロシア・グルジア問題が勃発しました。
それだけ、世界情勢は、生易しい問題ではないことが伺えます。
7月にすでにロシアは挑発を開始していたし、
五輪へは大統領ではなくプーチン首相を送り、大統領は国に残っていた。
これは異例。

「世界平和」も「民主主義」も、
実現させるには、相当の智恵の力が必要です。
だいたい、民主主義のほうから先に国民にあおられて、一見、国民ウケする
ばらまき減税などがおこなわれてしまいますが、そんなんでいいのでしょうか。

福田さんは、「どうしてもやりたくなかった低額減税」に、公明に押され
やらざるを得なかった。。。

自民党らしい、自民党本来の動きがとれなくなってきている・・・

不気味な小沢の影。国会内で公明に握られた手綱。


総裁選は、小池百合子さんとか野田聖子さんなどの女性候補の声も出ていますが、
いろいろな人が出て、思い切り、派手に繰り広げればいいのです。

そして、国民の見えるところで、議論を戦わせてほしいものです。

これを機に、フリーズ状態から脱却してください、我が国よ。






  • 2008.09.03 Wednesday
  • 08:02